ニュース

和田彩花と巡る『画家が見たこども展』音声コンテンツ、Radiotalkで配信

「あやちょと巡る。 画家が見たこども展」ビジュアル
「あやちょと巡る。 画家が見たこども展」ビジュアル

展覧会『開館10周年記念 画家が見たこども展――ゴッホ、ボナール、ヴュイヤール、ドニ、ヴァロットン』が、本日2月15日から東京・丸の内の三菱一号館美術館で開催。和田彩花による音声ガイド「あやちょと巡る。画家が見たこども展」が配信される。

同展は、19世紀末パリで活動した前衛芸術家グループ「ナビ派」の画家たちが追及したテーマの中から「子ども」に焦点を当て、都市生活や近代芸術と「子ども」との関係を検証するもの。フランスのル・カネにあるボナール美術館の全面協力のもと、ボナール、ヴァロットン、ドニ、ヴュイヤールらナビ派の作家を中心とした油彩、版画、素描、挿絵本、写真など約100点を紹介する。

「あやちょと巡る。画家が見たこども展」は2月15日から4月6日まで配信。スマートフォンにRadiotalkのアプリをダウンロードして三菱一号館美術館の館内を歩くと、美術館好きな「あやちょ」こと和田彩花がイヤホンを通じて話しかけ、和田と共に美術館巡りをしているような体験ができるという。音声は三菱一号館美術館内でのみ再生可能。耳元で囁かれているような感覚が味わえる「バイノーラル方式」で録音されたもので、和田が絵から感じる雰囲気や色使いの印象などを語るほか、三菱一号館美術館の建物としての見どころも案内してくれるとのこと。

Radiotalkでは、東京駅近くの鍛冶橋交差点から美術館までの道のりを和田が案内する音声を公開中。こちらの音声はどこでも再生可能となっている。

『開館10周年記念 画家が見たこども展――ゴッホ、 ボナール、 ヴュイヤール、 ドニ、 ヴァロットン』ビジュアル
『開館10周年記念 画家が見たこども展――ゴッホ、 ボナール、 ヴュイヤール、 ドニ、 ヴァロットン』ビジュアル
和田彩花
和田彩花
画像を拡大する(3枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

あらかじめ決められた恋人たちへ“日々feat.アフロ”

何かを我慢することに慣れすぎて忘れてしまいそうになっている「感情」を、たった10分でこじ開けてしまう魔法のようなミュージックビデオ。現在地を確かめながらも、徐々に感情を回転させていくアフロの言葉とあら恋の音。人を傷つけるのではなく、慈しみ輝かせるためのエモーションが天井知らずの勢いで駆け上がっていった先に待ち構えている景色が、普段とは違ったものに見える。これが芸術の力だと言わんばかりに、潔く堂々と振り切っていて気持ちがいい。柴田剛監督のもと、タイコウクニヨシの写真と佐伯龍蔵の映像にも注目。(柏井)

  1. カネコアヤノの選択。嘘のない歌は、信じる人を抱きしめるために 1

    カネコアヤノの選択。嘘のない歌は、信じる人を抱きしめるために

  2. ちゃんみなが経験した、容姿に基づく中傷と賛美 自らラップで切る 2

    ちゃんみなが経験した、容姿に基づく中傷と賛美 自らラップで切る

  3. 清原果耶初主演のNHKドラマ『透明なゆりかご』が全10話一挙再放送 3

    清原果耶初主演のNHKドラマ『透明なゆりかご』が全10話一挙再放送

  4. cero高城晶平×折坂悠太 10年代のインディ音楽の萌芽と開花の記録 4

    cero高城晶平×折坂悠太 10年代のインディ音楽の萌芽と開花の記録

  5. 高城晶平×折坂悠太 期待を引き受け、裏切りながら大舞台へと進む 5

    高城晶平×折坂悠太 期待を引き受け、裏切りながら大舞台へと進む

  6. 殺人鬼役のセカオワFukaseが描く「巨大油絵」、『キャラクター』シーン画像 6

    殺人鬼役のセカオワFukaseが描く「巨大油絵」、『キャラクター』シーン画像

  7. 俳優・山崎皓司が挑む百姓ライフスタイル。試行錯誤の実践を辿る 7

    俳優・山崎皓司が挑む百姓ライフスタイル。試行錯誤の実践を辿る

  8. NiziUが新曲“I AM”にあわせて「ミストダンス」 コーセー新CMオンエア 8

    NiziUが新曲“I AM”にあわせて「ミストダンス」 コーセー新CMオンエア

  9. 藤井 風のカバー集『HELP EVER HURT COVER』復刻リリース 9

    藤井 風のカバー集『HELP EVER HURT COVER』復刻リリース

  10. 荘子itが執筆 『スパイの妻』の「軽さ」が持つ倫理的な意味とは 10

    荘子itが執筆 『スパイの妻』の「軽さ」が持つ倫理的な意味とは