泉谷しげるが井筒和幸監督の映画『無頼』主題歌を担当 予告ナレーションも

泉谷しげるが井筒和幸監督の映画『無頼』の主題歌を手掛けることが発表された。

『パッチギ!』『黄金を抱いて翔べ』などを手掛けてきた井筒和幸監督にとって、約8年ぶりの新作となる同作の舞台は、太平洋戦争に敗れ、貧困と無秩序の中に放り出された日本。敗戦直後の動乱期、所得倍増計画、高度経済成長、政治の季節とオイルショック、バブルの狂騒と崩壊など変転を続けた昭和史を、世間という「良識の監獄」の外側で生き抜いた「あぶれ者」たちの群像劇を通して描く。公開日は5月16日。

主題歌は、泉谷しげるの“春夏秋冬~無頼バージョン”。1972年にリリースされた楽曲“春夏秋冬”を同作のために新たにアレンジを加えて収録している。“春夏秋冬~無頼バージョン”は、アルバム『無頼 全曲集~春夏秋冬~』の収録曲として5月に発売予定だ。泉谷しげるは、初挑戦となる予告編のナレーションも担当している。

物語の主役のアウトサイダー役を松本利夫(EXILE)が演じるほか、その妻・佳奈役に柳ゆり菜がキャスティング。共演者には、中村達也、ラサール石井、小木茂光、木下ほうか、升毅、隆大介、外波山文明、三上寛が名を連ねる。さらにオーディションで選ばれた総勢300人の俳優陣が出演。

泉谷しげるのコメント

今回、8年ぶりの井筒監督の作品で、主題歌と予告編ナレーションを担当しました泉谷しげるです。
予告編を見ただけで面白かったですね。何がいいかというと、昭和の色ですかね。
それを今やっているのがいい。EXILEのMATSUがEXILEに見えないのがいい。
予告編で期待しています。見に行っちゃいます。
(ナレーションの声は)我ながら、自分でいい声だなと思いました。
皆さん、気がついてくれるでしょうか?
(映画の)主題歌に春夏秋冬という50年以上も前の曲が選ばれたのですけど、歌というのはどの世代、どの環境にいる人たちにもテーマとして流れるものだとしたら、それは大変幸せなことで。それがサラリーマンだろうが、普通の主婦であろうが、どんなものでも映像のバックに使っていただけるとしたら、それは大変名誉なことではないかなと思います。
あんないい歌を本当に俺が作ったのか、疑問ですが(笑)井筒監督の作品に合うように新しくアレンジし直したので、ぜひ楽しんでいただきたいと思います。

作品情報

『無頼』

2020年5月16日(土)から新宿K's cinemaほか全国で順次公開
監督:井筒和幸 出演: 松本利夫(EXILE) 柳ゆり菜 中村達也 ラサール石井 小木茂光 木下ほうか 升毅 上映時間:146分 配給:チッチオフィルム

関連リンク

  • HOME
  • Movie,Drama
  • 泉谷しげるが井筒和幸監督の映画『無頼』主題歌を担当 予告ナレーションも

Special Feature

メタ・サピエンス──デジタルとリアルが溶け合う世界を探究する

デジタルとリアルが融合する世界。世界はどう変化し、人々はどう進化するのだろうか?私たちはその進化した存在を「メタ・サピエンス」と名づけ、「Humanity - 人類の進化」「Life - 生活・文化の進化」「Society - 社会基盤の進化」の3つの視点からメタ・サピエンスの行動原理を探究していく。

詳しくみる

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて