「井手健介と母船」5年ぶり新ALが4月発表、石原洋がサウンドプロデュース

井手健介と母船の2ndアルバム『Contact From Exne Kedy And The Poltergeists(エクスネ・ケディと騒がしい幽霊からのコンタクト)』が4月29日にリリースされる。

宮崎出身のシンガーソングライター・井手健介率いる「井手健介と母船」。2012年にライブ活動をスタートし、2015年にはデビューアルバム『井手健介と母船』をリリースしている。

約5年ぶりのアルバムとなる『Contact From Exne Kedy And The Poltergeists(エクスネ・ケディと騒がしい幽霊からのコンタクト)』は、サウンドプロデューサーに石原洋、レコーディングエンジニアに中村宗一郎(ピースミュージック)を迎えて制作。ゑでぃまぁこんと共に制作された楽曲“ささやき女将”や、デビューアルバムにも収録されていた“ロシアの兵隊さん”の再録バージョンなど全9曲が収録される。

井手健介と母船には北山ゆう子(Dr)とmmm(Cho、Fl)が加入。ゲストボーカルおよびコーラスでmei ehara、キーボードで大山亮(キイチビール&ザ・ホーリーティッツ)もゲスト参加している。

リリース情報

井手健介と母船
『Contact From Exne Kedy And The Poltergeists(エクスネ・ケディと騒がしい幽霊からのコンタクト)』(CD)

2020年4月29日(水・祝)発売 価格:2,600円(税抜) PCD-26075
1. イエデン landline boogie 2. 妖精たち a place for fairies 3. ロシアの兵隊さん russian soldiers 4. ポルターガイスト poltergeist 5. 人間になりたい caveman’s elegy 6. ささやき女将 madam the whisper 7. おてもやん otemoyan 8. 蒸発 swinging lovers(story of joe) 9. ぼくの灯台 lighthouse keeper
  • HOME
  • Music
  • 「井手健介と母船」5年ぶり新ALが4月発表、石原洋がサウンドプロデュース

Special Feature

Habitable World──これからの「文化的な生活」

気候変動や環境破壊の進行によって、人間の暮らしや生態系が脅威に晒されているなか、これからの「文化的な生活」のあり方とはどういうものなのだろうか?
すでに行動している人々に学びながら、これからの暮らしを考える。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて