又吉直樹が欧米圏デビュー、小説『火花』英語版『spark』がイギリスで刊行

又吉直樹の小説『火花』の英語版『spark』が3月5日にイギリスで刊行された。

2015年上期の『芥川龍之介賞』を受賞した『火花』は、漫才の世界で結果を出せずにいる徳永と、強い信念を持った天才肌の先輩芸人・神谷が出会い、壁にぶつかりながらも自分の道を歩もうとする姿を描いた青春物語。累計発行部数は326万部となり、2016年にNetflixでドラマ化、2017年に映画化された。

海外ではすでに韓国版、中国版、台湾版、ベトナム語版が発売されており、翻訳版としては5か国目、欧米圏では初。アリスン・ワッツの翻訳でプシキン・プレスから刊行された英語版のタイトルは徳永が中学時代からの友人・山下と組んだ漫才コンビの名前は「スパークス」に由来する。カバーには最後の「どんでん返し」が目玉焼きをひっくり返すことを連想させるとして「目玉焼き」がデザインされている。

日本からもAmazonでペーパーバック版とKindle版が購入可。紀伊國屋タカシマヤタイムズスクエア南館の洋書専門店Books Kinokuniya Tokyoでも近日入荷予定。

  • HOME
  • Book
  • 又吉直樹が欧米圏デビュー、小説『火花』英語版『spark』がイギリスで刊行

Special Feature

メタ・サピエンス──デジタルとリアルが溶け合う世界を探究する

デジタルとリアルが融合する世界。世界はどう変化し、人々はどう進化するのだろうか?私たちはその進化した存在を「メタ・サピエンス」と名づけ、「Humanity - 人類の進化」「Life - 生活・文化の進化」「Society - 社会基盤の進化」の3つの視点からメタ・サピエンスの行動原理を探究していく。

詳しくみる

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて