河瀬直美監督『朝が来る』主題歌はC&Kの書き下ろし新曲“アサトヒカリ”

河瀬直美監督の新作映画『朝が来る』の主題歌が発表された。

6月5日に公開される同作は、辻村深月の同名小説を映画化した作品。不妊治療の末、自分たちの子供を産めずに特別養子縁組という手段を選んだ夫婦と、中学生で妊娠し、断腸の思いで子供を手放すことになった母親の姿を描く。実の子を授かることができなかった栗原夫妻の妻・佐都子役を永作博美、その夫・清和役を井浦新、望まない妊娠をした少女・片倉ひかり役を蒔田彩珠が演じる。

主題歌に起用されたのは、C&Kが映画のために書き下ろした新曲“アサトヒカリ”。C&Kにとって初の映画主題歌となる同曲は、河瀬監督や映画スタッフとタッグを組み、意見を交わしながら制作したという。

作品情報

『朝が来る』

2020年6月5日(金)全国公開
監督:河瀬直美 脚本:河瀬直美、高橋泉 原作:辻村深月『朝が来る』(文春文庫) 主題歌:C&K“アサトヒカリ” 出演: 永作博美 井浦新 蒔田彩珠 浅田美代子 佐藤令旺 田中偉登 中島ひろ子 平原テツ 駒井蓮 山下リオ 森田想 堀内正美 山本浩司 三浦誠己 池津祥子 若葉竜也 青木崇高 利重剛 配給:キノフィルムズ(木下グループ)
  • HOME
  • Movie,Drama
  • 河瀬直美監督『朝が来る』主題歌はC&Kの書き下ろし新曲“アサトヒカリ”

Special Feature

メタ・サピエンス──デジタルとリアルが溶け合う世界を探究する

デジタルとリアルが融合する世界。世界はどう変化し、人々はどう進化するのだろうか?私たちはその進化した存在を「メタ・サピエンス」と名づけ、「Humanity - 人類の進化」「Life - 生活・文化の進化」「Society - 社会基盤の進化」の3つの視点からメタ・サピエンスの行動原理を探究していく。

詳しくみる

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて