『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ザ・ウェスト』が新ピカで再上映

セルジオ・レオーネ監督の映画『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ザ・ウェスト』が、4月3日から東京・新宿ピカデリーで2週間限定アンコール上映される。

上映時間165分の同作は、日本では『ウエスタン』の邦題で1969年に封切られた作品のオリジナル版。西部開拓期を舞台に、元高級娼婦のジルが莫大な価値を秘めた土地の利権を巡って、冷酷な殺し屋、強盗団のボス、ハーモニカを奏でるガンマンらの熾烈な争いに巻き込まれていく様を描く。原案をベルナルド・ベルトルッチ、ダリオ・アルジェントが手掛け、音楽をエン二オ・モリコーネが担当。昨年9月から東京・丸の内ピカデリー、新宿ピカデリーで日本初公開されて以降、約6か月間にわたって全国40館以上の劇場で上映されている。

発表とあわせて新たに制作されたビジュアルが公開。急遽突貫作業で作られたという「昭和の新聞広告風」のビジュアルには、当時の新聞広告に使用されていた新宿ピカデリーのロゴをはじめ、クエンティン・タランティーノの「この作品を見て映画監督になろうと思った。レオーネはイタリアでもっとも偉大な監督だ」、映画評論家・江戸木純の「映画とは何か?これはその質問への完璧なる回答。映画館のスクリーンとはこの映画をかけるためにある」というコメントなどが添えられている。

※新型コロナウイルス感染拡大を受けて公開延期になりました。

作品情報

『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ザ・ウェスト』オリジナル版

2020年4月3日(金)~4月16日(木)に新宿ピカデリーで上映
監督:セルジオ・レオーネ 原案:セルジオ・レオーネ、ダリオ・アルジェント、ベルナルド・ベルトルッチ 脚本:セルジオ・レオーネ、セルジオ・ドナティ 音楽:エンニオ・モリコーネ 出演: クラウディア・カルディナーレ ヘンリー・フォンダ ジェイソン・ロバーズ チャールズ・ブロンソン ガブリエーレ・フェルツェッティ 上映時間:165分 配給:アーク・フィルムズ、boid、インターフィルム
  • HOME
  • Movie,Drama
  • 『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ザ・ウェスト』が新ピカで再上映

Special Feature

メタ・サピエンス──デジタルとリアルが溶け合う世界を探究する

デジタルとリアルが融合する世界。世界はどう変化し、人々はどう進化するのだろうか?私たちはその進化した存在を「メタ・サピエンス」と名づけ、「Humanity - 人類の進化」「Life - 生活・文化の進化」「Society - 社会基盤の進化」の3つの視点からメタ・サピエンスの行動原理を探究していく。

詳しくみる

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて