ニュース

ヨーロッパ企画の映画『ドロステのはてで僕ら』主題歌はバレーボウイズ

ヨーロッパ企画の映画『ドロステのはてで僕ら』のメインビジュアルと場面写真が公開。主題歌をバレーボウイズが担当することがわかった。

ヨーロッパ企画にとって初のオリジナル長編映画となる同作は、上田誠(ヨーロッパ企画)が模索してきた「時間映画」を長編映画化したもの。テレビとテレビが「時間的ハウリング」を引き起こし、2分前と2分後が繋がったとある雑居ビルのカフェの物語が描かれる。出演者はヨーロッパ企画の石田剛太、酒井善史、角田貴志、諏訪雅、土佐和成、中川晴樹、永野宗典、本多力と藤谷理子、朝倉あき。原案と脚本は上田誠、監督は山口淳太(ヨーロッパ企画)が務める。

主題歌は京都出身のバンド・バレーボウイズの“タイトルコール”。また音楽はヨーロッパ企画の過去公演でも音楽を担当した滝本晃司が担当することがわかった。

メインビジュアルでは、キャスト全員の姿や「時間に殴られる」というコピーが確認できる。今回の発表に伴い、バレーボウイズの前田流星(Vo)とネギ(Gt,Vo)、滝本晃司がコメントを寄せている。

前田流星(Vo)のコメント

映画のエンドロールで僕達の音楽が聴こえてハッと現実に戻ったぐらい、鑑賞中はずっと、映画の中の登場人物と同じように“タイムテレビ”を夢中で覗き込んでいました。
大好きなヨーロッパ企画の京都を舞台にしたこの物語に、同じ京都で活動している僕達の音楽を使ってもらえて本当に光栄です。
エンドロールで流れる“タイトルコール”が、この映画に浸る良い時間になったら嬉しいな。

ネギ(Gt,Vo)のコメント

近くの喫茶店でいつもヨーロッパ企画の人たちがなにか面白そうな企てをしているのが羨ましくて仕方なかった。
その企ての中に僕たちが食い込んで行ってるのが信じられなかったり嬉しかったり!光栄すぎ!!

滝本晃司のコメント

映画の音楽を担当するなんて初めて。スゴイ事だ。しかもドロステ。
ドロステと私。
アニメ「親子ねずみの不思議な旅」のBONZOドッグフード缶のシーンでそういうものを知る。
オランダ土産にドロステココアをいただく。
パッケージにドロステ。
これをドロステ効果と呼ぶことを知り、一曲作る「ドロステの聞こえない歌」。
そしてタイトルにドロステの入った映画「ドロステのはてで僕ら」の音楽を担当する。
スバラシイ。

『ドロステのはてで僕ら』メインビジュアル ©ヨーロッパ企画/トリウッド2020
『ドロステのはてで僕ら』メインビジュアル ©ヨーロッパ企画/トリウッド2020
『ドロステのはてで僕ら』チラシビジュアル ©ヨーロッパ企画/トリウッド2020
『ドロステのはてで僕ら』チラシビジュアル ©ヨーロッパ企画/トリウッド2020
バレーボウイズ
バレーボウイズ
滝本晃司
滝本晃司
『ドロステのはてで僕ら』 ©ヨーロッパ企画/トリウッド2020
『ドロステのはてで僕ら』 ©ヨーロッパ企画/トリウッド2020
『ドロステのはてで僕ら』 ©ヨーロッパ企画/トリウッド2020
『ドロステのはてで僕ら』 ©ヨーロッパ企画/トリウッド2020
画像を拡大する(9枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

あらかじめ決められた恋人たちへ“日々feat.アフロ”

何かを我慢することに慣れすぎて忘れてしまいそうになっている「感情」を、たった10分でこじ開けてしまう魔法のようなミュージックビデオ。現在地を確かめながらも、徐々に感情を回転させていくアフロの言葉とあら恋の音。人を傷つけるのではなく、慈しみ輝かせるためのエモーションが天井知らずの勢いで駆け上がっていった先に待ち構えている景色が、普段とは違ったものに見える。これが芸術の力だと言わんばかりに、潔く堂々と振り切っていて気持ちがいい。柴田剛監督のもと、タイコウクニヨシの写真と佐伯龍蔵の映像にも注目。(柏井)

  1. cero高城晶平×折坂悠太 10年代のインディ音楽の萌芽と開花の記録 1

    cero高城晶平×折坂悠太 10年代のインディ音楽の萌芽と開花の記録

  2. 『鬼滅の刃』オリジナルアイテム第4弾 全13キャラクターのアウター&傘 2

    『鬼滅の刃』オリジナルアイテム第4弾 全13キャラクターのアウター&傘

  3. 広告に冷めた時代のアプローチ。Hondaは「フラット」を提示する 3

    広告に冷めた時代のアプローチ。Hondaは「フラット」を提示する

  4. 大滝詠一『A LONG VACATION』40周年記念盤がオリコンデイリー1位獲得 4

    大滝詠一『A LONG VACATION』40周年記念盤がオリコンデイリー1位獲得

  5. 『ノマドランド』が映すアメリカの姿。過酷な状況とノマドの精神 5

    『ノマドランド』が映すアメリカの姿。過酷な状況とノマドの精神

  6. 『森、道、市場』第1弾でアジカン、cero、折坂悠太、カネコアヤノら 6

    『森、道、市場』第1弾でアジカン、cero、折坂悠太、カネコアヤノら

  7. 中国Z世代を虜にする漢服ブーム。愛好者やデザイナーが語る 7

    中国Z世代を虜にする漢服ブーム。愛好者やデザイナーが語る

  8. 『そして、バトンは渡された』映画化 永野芽郁、田中圭、石原さとみ共演 8

    『そして、バトンは渡された』映画化 永野芽郁、田中圭、石原さとみ共演

  9. 松坂桃李、菅田将暉、賀来賢人が共演 花王「アタックZERO」新CM放送 9

    松坂桃李、菅田将暉、賀来賢人が共演 花王「アタックZERO」新CM放送

  10. GU×UNDERCOVERが初コラボ キーワードは「FREEDOM/NOISE」 10

    GU×UNDERCOVERが初コラボ キーワードは「FREEDOM/NOISE」