ニュース

Mr.Childrenの新曲“The song of praise”が日テレ『ZIP!』新テーマ曲に

Mr.Children
Mr.Children

Mr.Childrenの新曲“The song of praise”が、日本テレビ系朝の情報番組『ZIP!』の新テーマ曲に起用されることが発表された。

2011年にスタートし、今年の4月で10年目を迎える『ZIP!』。2代目テーマ曲となる“The song of praise”は、3月30日の放送からオープニング、天気コーナー、エンディングなど番組の各所で使用される。

桜井和寿(Mr.Children)のコメント

ZIP!のテーマ音楽を担当させて頂くことになりました。Mr.Childrenです。

タイトルは「The song of praise」
直訳すると「讃える歌」です。

やり場のない悲しみを、
先の見えない不安を、
思うように動かない現実を、
誰かのせいにするのでなく
批判するのでなく

自分を、誰かを、何かを、
讃えようとする歌です。

1日の始まり
テレビに映し出される誰か。
その姿を観た別の誰かが
「あなたがそうであるなら私も」
と希望や勇気で心を強くする。
そんなイメージで出来上がった曲です。

まだ不安な状況は続いていますが、番組を通じて、今を生きる自分達を、互いに讃え合えるよう願っています。

Mr.Children 桜井和寿

風間俊介のコメント

初めてこの曲を聞いた時、清濁併せ呑む、大きな心が詰まっている曲だと思いました。ZIP!は常に皆さんの1日がより良い日になって欲しいと願いながら放送していますが、世の中の嬉しい出来事もあれば、悲しい出来事をお伝えしなくてはいけない瞬間も多々あります。
この曲と共に、嬉しい事も悲しい事も視聴者の皆さんと歩んでいきたいと思います。

桝太一(日本テレビ)のコメント

番組が始まった2011年、当時の日本、当時の私たちの背中を押してくれたのが山下達郎さんの「MY MORNING PRAYER」でした。
そしてZIP!が10年目を迎える今、きっとこのMr.Childrenさんの「The song of praise」が、また私たちの背中にそっと手を添えてくれると確信しています。
新テーマソングの初日となる3月30日が、心から楽しみです!

島田総一郎(日本テレビ)のコメント

朝の情報番組にとってテーマソングは、TVの前の皆さんを毎朝お迎えし、そして、元気に背中を押して送り出す「看板」であり「のれん」のような存在です。
ZIP!は番組開始以来9年間、「ニッポンの今の景色」をお伝えし続けてきました。
だからこそ10年目も変わることなく、The song of praiseの「今僕が立ってる居場所を 憎みながら 愛していく ここにある景色を讃えて」この歌詞とともに歩んでまいります。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

BIM“Wink”

BIMの新作『NOT BUSY』より“Wink”の映像が公開。ゆるめに結んだネクタイは軽妙洒脱でも、背伸びはしない。どこか冴えない繰り返しのなかで<だって俺らの本番はきっとこれから>と、吹っ切れなさもそのままラップして次へ。BIMの現在進行形のかっこよさと人懐っこさがトレースされたようなGIFアニメが最高にチャーミング。(山元)

  1. 『マッドマックス 怒りのデス・ロード』 時代を先取りした画期的作品 1

    『マッドマックス 怒りのデス・ロード』 時代を先取りした画期的作品

  2. 坂口恭平の権力への抵抗。音楽は記憶を思い出させ人を治療する 2

    坂口恭平の権力への抵抗。音楽は記憶を思い出させ人を治療する

  3. 能町みね子が『ヨコトリ』で考えた、わからない物事との対峙 3

    能町みね子が『ヨコトリ』で考えた、わからない物事との対峙

  4. 『鬼滅の刃』劇場版公開記念集英社連合企画、20誌それぞれにオリジナル付録 4

    『鬼滅の刃』劇場版公開記念集英社連合企画、20誌それぞれにオリジナル付録

  5. ラブリーサマーちゃん、真摯さを胸に語る ノイジーな世界に調和を 5

    ラブリーサマーちゃん、真摯さを胸に語る ノイジーな世界に調和を

  6. King Gnuが日本初の「レッドブル・アーティスト」に 「Go Louder」始動 6

    King Gnuが日本初の「レッドブル・アーティスト」に 「Go Louder」始動

  7. 柳楽優弥、三浦春馬、有村架純が戦時下の若者役 映画『太陽の子』来年公開 7

    柳楽優弥、三浦春馬、有村架純が戦時下の若者役 映画『太陽の子』来年公開

  8. 勝井祐二と山本精一が語る 踊るという文化とROVOが瀕する転換点 8

    勝井祐二と山本精一が語る 踊るという文化とROVOが瀕する転換点

  9. 暮らしと仕事と遊びとアート。すべてを越えて繋がる東東京の生活 9

    暮らしと仕事と遊びとアート。すべてを越えて繋がる東東京の生活

  10. 小栗旬×星野源、野木亜紀子脚本の映画『罪の声』場面写真一挙公開 10

    小栗旬×星野源、野木亜紀子脚本の映画『罪の声』場面写真一挙公開