大泉洋主演&福田雄一監督『新解釈・三國志』にムロツヨシが孔明役で出演

福田雄一監督の新作映画『新解釈・三國志』の追加キャストが発表された。

12月11日から全国東宝系で公開される同作は、西暦約200年の中国・後漢の時代を舞台に、魏、呉、蜀の3国が中国の覇権を巡る史実をまとめた書物『三国志』を、「福田流の新解釈」で実写映画化するもの。主人公となる蜀の武将・劉備玄徳役を大泉洋が演じる。

今回出演が発表されたのは、ムロツヨシ、橋本さとし、高橋努。ムロツヨシは蜀を導く天才軍師・諸葛亮孔明役、橋本さとしは仁義に生きる豪傑・関羽役、高橋努は超怪力の猛将・張飛役を演じる。映画化発表時に大泉は「めちゃくちゃ軽い諸葛亮」と語ったという。

なお『三國志』にちなんで毎月3日に撮影現場での特別映像が公開されるとのこと。


ムロツヨシのコメント

ムロくんの役は諸葛亮孔明です。と福田監督に言われました。
本気ですか?と聞きました。
本気、大丈夫、劉備役を大泉洋さんがやるから。と答えがきました。
肩に力入れまくってガチガチの投球フォームで全力投球します。とお応えしました。
うん、普通に投げて。と返ってきました。
こんな時代にお届けしたい喜劇。
みんなで映画館で笑おう。
笑いに来てください。
笑ってください。
だから皆さん、それまで、どうか、笑っていてください。

橋本さとしのコメント

いよいよ『新解釈・三國志』上映ですか!
思い返せば、福田さんが演出していたミュージカルの稽古中に呼び出され、ダメ出しでも食らうのかと思ってビビっていたら、「三國志の関羽やりますぅ?」「あ、やりますぅ」という感じでいただいた役…
が、関羽って三國志で唯一神格化されてる武将ではないですか!!
これは気合いを入れなくてはと鼻息も荒く現場に入りましたよ。はい。
ところがピリピリ感は皆無。
ワンカットごとに監督の笑い声が響く。
そこに大泉さんのゆるい空気感が相まってなかなか居心地のいい現場でした。
まあ、福田さんは他力本願…いや失礼!
福田さんはスタッフにも役者にも絶対的な信頼を寄せていて、各々が最高の仕事をするのをガハガハ笑って見ているという感じ。
まるでニコニコしたジャイアン!
まさにプロフェッショナルな福田組でした。

高橋努のコメント

念願の福田組は狙っていくとウケないし、全然駄目だと思ったらオッケー出るし、わからないけど監督笑ってるし、三國志だから現場は遠いし、だけど中国じゃないし、役がデブの設定だし、肉襦袢は暑いし、装備は重厚だし、顔じゅう毛がモジャモジャだし、指と手にもモジャモジャつけるし、それでアクションやるの大変だし、馬に乗るの難しいし、初日から長台詞を長兄(劉備)と兄者(関羽)と合わせて言わなきゃいけないし、全然合わないし、でも監督オッケー出すし、めっちゃ笑ってるし、長兄はずっとグチグチ言ってるし、兄者は変なリアクション唐突にするし、皆さんの芝居に笑い堪えるの必死だし、監督めっちゃ笑ってるし、その笑い声聞こえてくるし、今回の自分のスタンスをムロ君に相談したら皆にバラされて恥ずかしいし、いやぁ、実に楽しかった。

作品情報

『新解釈・三國志』

2020年12月11日(金)から全国東宝系で公開 脚本・監督:福田雄一 配給:東宝
  • HOME
  • Movie,Drama
  • 大泉洋主演&福田雄一監督『新解釈・三國志』にムロツヨシが孔明役で出演

Special Feature

Habitable World──これからの「文化的な生活」

気候変動や環境破壊の進行によって、人間の暮らしや生態系が脅威に晒されているなか、これからの「文化的な生活」のあり方とはどういうものなのだろうか?
すでに行動している人々に学びながら、これからの暮らしを考える。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて