ニュース

レシピ付きエッセイマガジン「ツカノマノ読むフードコート」noteで販売

「ツカノマノ読むフードコート」ビジュアル
「ツカノマノ読むフードコート」ビジュアル

ウェブマガジン「ツカノマノ読むフードコート」がnoteでスタートした。

「ツカノマノフードコート」が手掛ける「ツカノマノ読むフードコート」は、新型コロナウイルス対策により飲食・フードカルチャーシーンが大きな影響を受ける中、若手料理人やフードクリエイターのクリエイティビティーを料理以外の形で多くの人に届け、価値を還元するために立ち上げられた「架空のフードコート」。若手料理人やフードクリエイターによるレシピ、それにまつわるストーリーをエッセイ形式でコンテンツ化し、コンテンツの売上やサポート資金を参加フードクリエイターに還元していく。

現時点で3記事が掲載されており、今後約1週間で15から20記事を随時公開予定。その後も事態の収束まで期間限定で配信される。販売価格は税込3,000円。4月中に登録すると4月に更新される全ての記事を読むことができるとのこと。

参加フードクリエイターは、横山祥太郎(鯛骨拉麺 鯛祥)、Keiyo Lan(台湾料理吃日吃日)、中東料理研究家のMizuki Koshide、フードアーティスト・ソウダルア、おもてなし夫婦ユニット・てとてと、フードデザイナーHorikawa Ai、フードロス料理のもったいない料理人みっきー、クラフトルートビア職人の高田有、田中開(OPEN BOOK)、安田翔平(Kabi)、多治見智高(茶割)、奈雲政人(Sta.)、今西大和(Sexy French)、ケニック(ケニックカレー)。さらにゲストとして遠山正道(スマイルズ)、平山潤(『NEUT Magazine』)が寄稿する。

なおnoteの「クリエイターサポート機能」では、100円から1万円までの金額を記事の対価としてクリエイターに支払うことが可能。この機能により支払われた資金も全て料理人に分配される。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

BIM“Wink”

BIMの新作『NOT BUSY』より“Wink”の映像が公開。ゆるめに結んだネクタイは軽妙洒脱でも、背伸びはしない。どこか冴えない繰り返しのなかで<だって俺らの本番はきっとこれから>と、吹っ切れなさもそのままラップして次へ。BIMの現在進行形のかっこよさと人懐っこさがトレースされたようなGIFアニメが最高にチャーミング。(山元)

  1. 『マッドマックス 怒りのデス・ロード』 時代を先取りした画期的作品 1

    『マッドマックス 怒りのデス・ロード』 時代を先取りした画期的作品

  2. 坂口恭平の権力への抵抗。音楽は記憶を思い出させ人を治療する 2

    坂口恭平の権力への抵抗。音楽は記憶を思い出させ人を治療する

  3. 能町みね子が『ヨコトリ』で考えた、わからない物事との対峙 3

    能町みね子が『ヨコトリ』で考えた、わからない物事との対峙

  4. 『鬼滅の刃』劇場版公開記念集英社連合企画、20誌それぞれにオリジナル付録 4

    『鬼滅の刃』劇場版公開記念集英社連合企画、20誌それぞれにオリジナル付録

  5. ラブリーサマーちゃん、真摯さを胸に語る ノイジーな世界に調和を 5

    ラブリーサマーちゃん、真摯さを胸に語る ノイジーな世界に調和を

  6. King Gnuが日本初の「レッドブル・アーティスト」に 「Go Louder」始動 6

    King Gnuが日本初の「レッドブル・アーティスト」に 「Go Louder」始動

  7. 柳楽優弥、三浦春馬、有村架純が戦時下の若者役 映画『太陽の子』来年公開 7

    柳楽優弥、三浦春馬、有村架純が戦時下の若者役 映画『太陽の子』来年公開

  8. 勝井祐二と山本精一が語る 踊るという文化とROVOが瀕する転換点 8

    勝井祐二と山本精一が語る 踊るという文化とROVOが瀕する転換点

  9. 暮らしと仕事と遊びとアート。すべてを越えて繋がる東東京の生活 9

    暮らしと仕事と遊びとアート。すべてを越えて繋がる東東京の生活

  10. 小栗旬×星野源、野木亜紀子脚本の映画『罪の声』場面写真一挙公開 10

    小栗旬×星野源、野木亜紀子脚本の映画『罪の声』場面写真一挙公開