ニュース

小見山峻による合同オンライン写真集企画『home_made_future』スタート

『home_made_future』ビジュアル
『home_made_future』ビジュアル

小見山峻による合同オンライン写真集企画『home_made_future』がスタートした。

「home」をテーマとした『home_made_future』は、Dropboxへの不特定多数のアップロードによって制作されるオンライン上の写真集。「写真を撮る」という楽しさは「普段見慣れたものに自分なりの異なった視点で触れてみる」という楽しさであり、この自宅待機の情勢の中で、家の中にあるものと改めてじっくりと対峙し、角度を変えて眺めてみる喜びを発見して欲しい、という思いから立ち上げられた。

ページ数は全999ページとなり、表紙、ステイトメント、裏表紙を除いた996ページを埋めることが目標。誰でも写真を加えることができる。DropboxのURLは開放され、閲覧可能。ダウンロード、プリントアウトも自由だが、アップロードされた写真の商業利用にあたる転載や2次利用は禁止となる。

アップロードする写真は室内で撮影されたもの限定。デジタルカメラ、フィルムカメラ、スマートフォンやタブレットなど撮影機器は問わない。集まった写真は明らかに野外で撮影されているもの、公序良俗に反するもの、倫理道徳上問題のあるものを除いて全て掲載。

アップロード方法はInstagramアカウント「home_made_future」に写真を添付してメッセージで送付。3桁の番号、Instagramのアカウント名を写真のファイル名にして小見山がDropboxにアップロードする。アカウント名を記載したくない場合はその旨をInstagramアカウント「home_made_future」にメッセージで連絡。写真の削除や差し替えを希望の場合は、現在アップロードされている自身の写真のファイル名を明記してメッセージを送る。

アップロードされた写真の中からピックアップされた作品はInstagramアカウント「home_made_future」に投稿される。

小見山峻のコメント

home_made_future
なんてことはありません。
ただ、いつもよりほんの少しだけ家に居る時間が長いだけ。なんてことはないのです。
そんな強がりも、日々じりじりと皮を剥かれ、か細くなる一方ではあります。
同じ室内。同じ景色。同じ環境。いつまででしょうか。
繰り返し、繰り返し、繰り返し……。
僕は写真を、肉眼とは角度の違う第三の目として心から信頼しています。
ファインダーを覗いている時、或いは、アプリケーションをタップするなりスワイプするなりして起動した四角い画面越しに景色を覗く時。
僕たちは見慣れた景色から、何かを生み出そうとします。
それは視点なのか、角度なのか、切り取り方なのか。
ともかく、見慣れた景色を写真に収めようとする時、少なからず僕たちは探求します。そして、発見したものに心を揺らし、指先が動いてシャッターを切ります。
その喜びを味わいたくて僕は写真を辞められません。
あなたが、あなたの家やあなたの部屋を見た回数を数えてみて下さい。
数十回、数百回、数千回……いや、数え切れるはずもないでしょう。
瞼を閉じていたって十分に頭の中に描けるはず。当たり前に染み付いている。
だからこそ今、家の中で膨大な時間を過ごすからこそ、ひとときでも第三の目を使って、見回してみて欲しいのです。
そして、発見した宝物を報告し合いたい。
当たり前の中から新しい何かを見つけ出す時、それは創造であり、未来だと信じています。
タイムカプセルを埋める時のように、スコップで土をひと掻きひと掻き掘るように、写真を重ねていきましょう。
いつか掘り起こして笑えるように。

2020/4/7 小見山峻

『home_made_future』ステイトメント
『home_made_future』ステイトメント
『home_made_future』インフォメーション
『home_made_future』インフォメーション
『home_made_future』インフォメーション
『home_made_future』インフォメーション
『home_made_future』表紙
『home_made_future』表紙
『home_made_future』裏表紙
『home_made_future』裏表紙
画像を拡大する(7枚)

記事の感想をお聞かせください

知らなかったテーマ、ゲストに対して、新たな発見や感動を得ることはできましたか?

得られなかった 得られた

回答を選択してください

ご協力ありがとうございました。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

あらかじめ決められた恋人たちへ“日々feat.アフロ”

何かを我慢することに慣れすぎて忘れてしまいそうになっている「感情」を、たった10分でこじ開けてしまう魔法のようなミュージックビデオ。現在地を確かめながらも、徐々に感情を回転させていくアフロの言葉とあら恋の音。人を傷つけるのではなく、慈しみ輝かせるためのエモーションが天井知らずの勢いで駆け上がっていった先に待ち構えている景色が、普段とは違ったものに見える。これが芸術の力だと言わんばかりに、潔く堂々と振り切っていて気持ちがいい。柴田剛監督のもと、タイコウクニヨシの写真と佐伯龍蔵の映像にも注目。(柏井)

  1. ゆずが気づいた「歌いたい」という感情。覚悟を決めて未来に進む 1

    ゆずが気づいた「歌いたい」という感情。覚悟を決めて未来に進む

  2. 中村佳穂が語る『竜とそばかすの姫』 シェアされ伝播する歌の姿 2

    中村佳穂が語る『竜とそばかすの姫』 シェアされ伝播する歌の姿

  3. KERAが見てきた東京のインディ・アングラ音楽シーンを振り返る 3

    KERAが見てきた東京のインディ・アングラ音楽シーンを振り返る

  4. A_oから青い心を持つ全ての人へ 自由に、自分の力で生きること 4

    A_oから青い心を持つ全ての人へ 自由に、自分の力で生きること

  5. 『プロミシング・ヤング・ウーマン』が映し出す、「女性の現実」 5

    『プロミシング・ヤング・ウーマン』が映し出す、「女性の現実」

  6. Daichi Yamamotoと高校生のラップ談義。音楽の自由を10代に学ぶ 6

    Daichi Yamamotoと高校生のラップ談義。音楽の自由を10代に学ぶ

  7. トム・ヨークによるRadiohead“Creep”のリミックスが公式リリース 7

    トム・ヨークによるRadiohead“Creep”のリミックスが公式リリース

  8. ケリー・ライカート特集パンフに蓮實重彦、夏目知幸ら ototoiのグッズも 8

    ケリー・ライカート特集パンフに蓮實重彦、夏目知幸ら ototoiのグッズも

  9. 狂気と恐怖、男2人の権力闘争。『ライトハウス』監督インタビュー 9

    狂気と恐怖、男2人の権力闘争。『ライトハウス』監督インタビュー

  10. アーティストをやめる、苦渋の決断が生んだ現代芸術チーム「目」 10

    アーティストをやめる、苦渋の決断が生んだ現代芸術チーム「目」