THE NOVEMBERSの新AL『At The Beginning』収録曲発表 ジャケはtobird

THE NOVEMBERSのニューアルバム『At The Beginning』の収録曲が発表された。

5月27日にリリースされる同作は、前作『ANGELS』から約1年ぶりのアルバム。シーケンスサウンドデザインとプログラミングはyukihiro(L'Arc~en~Ciel、ACID ANDROID)が担当した。

収録曲は、YouTubeで先行試聴がスタートした“薔薇と子供”を含む全9曲。アルバムのアートワークとイラストはtobirdが手掛けた。

CDのオフィシャル先行通販は4月17日まで受付中。先行受付で申し込むと優先的に5月13日から順次商品が発送される。さらにBandcampでは5月16日からアルバム全曲ダウンロード先行販売を開始。アーティスト・デリでは今回のアートワークを使用したニューアイテムも販売される。

tobirdのコメント

At The Beginning、消失点という起点や終点を思わせる象徴的なフレーズと楽曲を聴いて得たイメージからシンボリックでカラフルな球体を描きました。

海の上のカラフルな球体は、神話的な巨大生物のようにも現代的な人工物のようにも見え、At The Beginningと消失点という相反するフレーズがひとつの作品内で同居するように、アートワークも何かのはじまりとも終わりとも感じられる象徴物として、ポジティブにもネガティブにも、自然的にも人工的にも見えるような印象にできたら、と思いながら制作しました。

作品のパッケージとしての役割に終始せず、手にとってくれたあなたの生活を彩るひとつの要素としてこのアートワークを部屋に飾ってもらえたら嬉しいです。

リリース情報

THE NOVEMBERS
『At The Beginning』(CD)

2020年5月27日(水)発売 価格:3,080円(税込) MERZ-0209
1. Rainbow 2. 薔薇と子供 3. 理解者 4. Dead Heaven 5. 消失点 6. 楽園 7. New York 8. Hamletmachine 9. 開け放たれた窓
  • HOME
  • Music
  • THE NOVEMBERSの新AL『At The Beginning』収録曲発表 ジャケはtobird

Special Feature

Habitable World──これからの「文化的な生活」

気候変動や環境破壊の進行によって、人間の暮らしや生態系が脅威に晒されているなか、これからの「文化的な生活」のあり方とはどういうものなのだろうか?
すでに行動している人々に学びながら、これからの暮らしを考える。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて