ニュース

『弱虫ペダル』に坂東龍汰、竜星涼、栁俊太郎、菅原健、井上瑞稀、皆川猿時

実写映画『弱虫ペダル』の追加キャストが発表された。

アニメーション作品、舞台、小説、ドラマなど様々なメディアミックスが展開されている渡辺航の漫画『弱虫ペダル』をもとにした同作。運動が苦手で友達がいないアニメ好きの高校生・小野田坂道が、自転車競技部への入部をきっかけに自転車選手としての才能を発揮させ、初めてできた仲間と共にレースで走る喜びを見出していく様を描く。地元の千葉から東京・秋葉原までママチャリで通う主人公・小野田坂道役に永瀬廉(King & Prince)、坂道のライバル今泉俊輔役に伊藤健太郎、自転車競技部のマネージャー寒咲幹役に橋本環奈がキャスティング。8月14日公開予定。

出演が発表されたのは、坂東龍汰、竜星涼、栁俊太郎、菅原健、井上瑞稀(HiHi Jets、ジャニーズJr.)、皆川猿時。

坂東龍汰は坂道を総北高校自転車競技部に誘う「浪速のスピードマン」こと鳴子章吉役、竜星涼は自転車競技部の部長・金城真護、栁俊太郎は玉虫色の長髪と独特のダンシングが特徴の巻島裕介、菅原健は「肉弾列車」と呼ばれる走りを得意とする田所迅役、井上瑞稀は補欠ながら坂道やチーム総北を支える杉元照文役、皆川猿時は映画オリジナルキャラクターとなる寒咲幹の父・寒咲幸司役を演じる。

永瀬廉は「皆で仲良く撮影を乗り切れてよかったです。寒い中過酷な撮影を通して本当のチームのような絆が生まれました!後悔は総北メンバーのクランクアップの日に立ち会えなかったことですが、また集まれる日を心から楽しみにしています!」とコメント。

坂東龍汰のコメント

今回、弱虫ペダルに出演が決まったと聞いたときは本当に驚きました、まさか自分が弱虫ペダルに出られるなんて思っても無かったので…とにかく嬉しかったです。
実際に自転車にほぼ自分達で乗っての撮影だったので今までしてきたお芝居とはまた違う大変さがあり毎日考えることが沢山でした。でも今回の撮影を通して本当にロードバイクが大好きになりました、撮影が終わった今も乗りたくてたまりません。
鳴子章吉という熱くて真っ直ぐなキャラクターを演じさせていただけたこと、青春を素敵なキャストの方々と一緒に作り上げられたこと感謝でいっぱいです。
映画館のスクリーンで疾走する姿、是非皆さま楽しみに待っててください!

竜星涼のコメント

高校生とは思えない存在感を放つサングラスをかけた部長・金城真護を演じます。
まだ寒い中、チーム総北は薄着で必死に走りました。いつのまにか私も初ロードレーサーから本物の選手へと変わり、絶対に諦めない男へと変貌していました。
今までとはまた一味違う役柄を劇場でお楽しみ下さい。

栁俊太郎のコメント

今回原作ファンとして、見た目も口調も印象の強いキャラクターなので巻島裕介をどう生身に落とし込むか試行錯誤しました。
主人公である小野田坂道にとってとても重要な役どころだったので、ミステリアスかつ秘めた熱い部分だったりを皆さんにお見せできたらと思い現場にのぞみました。

菅原健のコメント

「弱虫ペダル」のファンでもあったので、まさか自分が田所迅を演じる事が出来るとは、とても驚きました。
原作は、画や台詞を追うだけで息が切れそうになるくらい熱く激しい。
その熱量をスクリーンで皆様にお届け出来る事を嬉しく思います。
暴走の肉弾頭によるド迫力の走りは映画でも健在です!

井上瑞稀(HiHi Jets、ジャニーズJr.)のコメント

杉元照文役をやらさせていただきました、HiHi Jetsの井上瑞稀です。
弱虫ペダルの原作は以前から読んでいたので、出演のお話を聞いた時は驚きと嬉しさでいっぱいでした。
実際にロードレーサーに乗っての撮影はかなり難しく、苦労することもありましたが、それ以上にキャストの皆さんとのコミュニケーションを取る時間が本当の部活みたいで楽しかったです!
ロードレースのスピード感、総北学園の青春を沢山の方に見て感じていただきたいです!

皆川猿時のコメント

えー、皆川猿時、49歳です。私、青春映画が大好物でございまして、はい。
そんなわけで、おじさんも若者たちの邪魔にならない程度にキラキラしてみました。
ギラギラもしくはギトギトしてたらごめんなさいね。

『弱虫ペダル』追加キャスト一覧 ©2020「弱虫ペダル」製作委員会 ©渡辺航(秋田書店)2008
『弱虫ペダル』追加キャスト一覧 ©2020「弱虫ペダル」製作委員会 ©渡辺航(秋田書店)2008
『弱虫ペダル』原作キャラクターイラスト ©2020「弱虫ペダル」製作委員会 ©渡辺航(秋田書店)2008
『弱虫ペダル』原作キャラクターイラスト ©2020「弱虫ペダル」製作委員会 ©渡辺航(秋田書店)2008
画像を拡大する(2枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

あらかじめ決められた恋人たちへ“日々feat.アフロ”

何かを我慢することに慣れすぎて忘れてしまいそうになっている「感情」を、たった10分でこじ開けてしまう魔法のようなミュージックビデオ。現在地を確かめながらも、徐々に感情を回転させていくアフロの言葉とあら恋の音。人を傷つけるのではなく、慈しみ輝かせるためのエモーションが天井知らずの勢いで駆け上がっていった先に待ち構えている景色が、普段とは違ったものに見える。これが芸術の力だと言わんばかりに、潔く堂々と振り切っていて気持ちがいい。柴田剛監督のもと、タイコウクニヨシの写真と佐伯龍蔵の映像にも注目。(柏井)

  1. 羊文学を形づくる「音」 6つの日本語曲を選んで3人で語り合う 1

    羊文学を形づくる「音」 6つの日本語曲を選んで3人で語り合う

  2. 自己不信や周囲の目にどう向き合う? 女性アスリートの6篇の物語 2

    自己不信や周囲の目にどう向き合う? 女性アスリートの6篇の物語

  3. 坂口恭平が語る「死なないという勝ち方」。画狂老人・北斎に学ぶ 3

    坂口恭平が語る「死なないという勝ち方」。画狂老人・北斎に学ぶ

  4. カネコアヤノが歌う、変わっていく覚悟 中野サンプラザ公演を観て 4

    カネコアヤノが歌う、変わっていく覚悟 中野サンプラザ公演を観て

  5. スチャとネバヤン、同じ電波をキャッチしちゃった似た者同士 5

    スチャとネバヤン、同じ電波をキャッチしちゃった似た者同士

  6. 音楽イベント『森、道、市場 2021』タイムテーブル発表 6

    音楽イベント『森、道、市場 2021』タイムテーブル発表

  7. Homecomings福富が語る原点 寂しさを手放さず、優しさで戦う 7

    Homecomings福富が語る原点 寂しさを手放さず、優しさで戦う

  8. 東京事変が『ガッテン!』『笑う洋楽展』『ムジカ・ピッコリーノ』ジャック 8

    東京事変が『ガッテン!』『笑う洋楽展』『ムジカ・ピッコリーノ』ジャック

  9. 木梨憲武のジャンルに縛られない働き方。下の世代にも学ぶ理由 9

    木梨憲武のジャンルに縛られない働き方。下の世代にも学ぶ理由

  10. 小出祐介が問題提起、日本語ポップスにおける「歌詞の曖昧さ」 10

    小出祐介が問題提起、日本語ポップスにおける「歌詞の曖昧さ」