ニュース

辰巳JUNKの著書『アメリカン・セレブリティーズ』刊行 プレイリストも

辰巳JUNKの著書『アメリカン・セレブリティーズ』が本日4月30日に刊行された。

『アメリカン・セレブリティーズ』は、世界の政治や経済を動かすほどの影響力を持つアメリカのセレブリティを通して、アメリカ社会を探求する書籍。登場するセレブリティは、Lady GaGa、ドナルド・トランプ、カニエ・ウェスト、ビリー・アイリッシュ、ブラッド・ピット、キム・カーダシアン、マイケル・ジャクソン、テイラー・スウィフト、BTS、Beyonce、近藤麻理恵、アリアナ・グランデら。

同書に登場するアーティストや関連楽曲を紹介するプレイリストがAWAで公開。Beyonce、カニエ・ウェスト、アリアナ・グランデ、Lady GaGa、ビリー・アイリッシュなど、同書に登場するアーティストを軸に楽曲がセレクトされた。

なおAWAのオフィシャルユーザーである辰巳JUNKは、配信中の楽曲に対してコメントの投稿や、「日本について歌った洋楽」「エミネムがゴジラについてラップした7曲」などのプレイリストをこれまでに公開している。

辰巳JUNKのコメント

プレイリストについて
スターの軌跡からアメリカ社会を探求する『アメリカン・セレブリティーズ』に登場する音楽は、その多くがメジャー中のメジャー。ゆえに、ダイナミックな社会変容の片鱗を孕む名曲が並びます。レディー・ガガ「Born This Way」は、日本においても年末番組に歌われたことでマイノリティ権利運動を広めた作品です。フェミニズムを大胆に宣言するビヨンセ「***Flawless」が米国ショービズにおけるフェミニスト自称のハードルを下げたことは否定できませんし、その範囲は世界中に及ぶでしょう。もちろんアーティスト個々の作家性も興味深いところで、己の人生を語りつづけるケンドリック・ラマーほか、ロックサウンドを拒否するバンドだからこそトップを維持できたのであろうマルーン5など、表現者としての信念は多岐にわたります。ヒットの観点ひとつとっても、楽曲で最も重要なのは音楽そのものに他なりませんが、このプレイリストでその魅力を楽しんだあとまたは楽しみながらアートをとりまく受容や想いを『アメリカン・セレブリティーズ』で探っていただけたら幸いです。

辰巳JUNK『アメリカン・セレブリティーズ』表紙
辰巳JUNK『アメリカン・セレブリティーズ』表紙
画像を拡大する(1枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

BIM“Wink”

BIMの新作『NOT BUSY』より“Wink”の映像が公開。ゆるめに結んだネクタイは軽妙洒脱でも、背伸びはしない。どこか冴えない繰り返しのなかで<だって俺らの本番はきっとこれから>と、吹っ切れなさもそのままラップして次へ。BIMの現在進行形のかっこよさと人懐っこさがトレースされたようなGIFアニメが最高にチャーミング。(山元)

  1. BiSHから届いた胸が詰まるような手紙。全員で語る空白の数か月間 1

    BiSHから届いた胸が詰まるような手紙。全員で語る空白の数か月間

  2. VTuber集結『NHKバーチャル文化祭』にキズナアイ、シロ、さだまさしら 2

    VTuber集結『NHKバーチャル文化祭』にキズナアイ、シロ、さだまさしら

  3. YOASOBI楽曲の原作小説集『夜に駆ける YOASOBI小説集』9月刊行 3

    YOASOBI楽曲の原作小説集『夜に駆ける YOASOBI小説集』9月刊行

  4. 著名人が選ぶ『ゲーム・オブ・スローンズ』ベストエピソード一挙放送 4

    著名人が選ぶ『ゲーム・オブ・スローンズ』ベストエピソード一挙放送

  5. 芦田愛菜『星の子』永瀬正敏と原田知世が「あやしい宗教」信じる両親役 5

    芦田愛菜『星の子』永瀬正敏と原田知世が「あやしい宗教」信じる両親役

  6. 星野源、去年11月のニューヨークライブの模様をNHK総合で地上波初オンエア 6

    星野源、去年11月のニューヨークライブの模様をNHK総合で地上波初オンエア

  7. 森七菜が歌う“スマイル”カバー配信リリース ホフディランがプロデュース 7

    森七菜が歌う“スマイル”カバー配信リリース ホフディランがプロデュース

  8. 田丸雅智×曽我部恵一が登壇『真夏のショートショート食堂』オンライン開催 8

    田丸雅智×曽我部恵一が登壇『真夏のショートショート食堂』オンライン開催

  9. のん×林遣都が共演 大九明子監督、綿矢りさ原作の映画『私をくいとめて』 9

    のん×林遣都が共演 大九明子監督、綿矢りさ原作の映画『私をくいとめて』

  10. もう、人間と自然は共生できない 環境学者・五箇公一インタビュー 10

    もう、人間と自然は共生できない 環境学者・五箇公一インタビュー