一家惨殺事件を映画化した『アングスト/不安』が日本劇場初公開 R15+指定

映画『ANGST』が『アングスト/不安』の邦題で7月3日から東京・シネマート新宿ほか全国で順次公開される。

日本の劇場では初公開となる同作は、1980年にオーストリアで実際に起きた殺人鬼ヴェルナー・クニーセクによる一家惨殺事件を映画化した実録スリラー作品。刑務所出所後の殺人鬼が感じる不安やプレッシャーによる異様な行動と心理状態を、殺人鬼自身のモノローグで綴る。R15+指定。

1983年の公開当時、本国オーストリアでは1週間で上映打ち切り、ヨーロッパ各国でも上映禁止、イギリスとドイツではビデオ発売禁止、アメリカではXXX指定。日本では1988年に『鮮血と絶叫のメロディー/引き裂かれた夜』のタイトルでレンタル用VHSが発売された。

監督は、全額自費で製作したジェラルド・カーグル。唯一の監督作品となる。音楽はクラウス・シュルツェ(ex.Tangerine Dream、Ash Ra Tempel)、撮影は『第55回アカデミー賞』短編アニメ賞を受賞した『タンゴ』や、ジョン・レノン、ミック・ジャガーらのPVで知られる映像作家ズビグニュー・リプチンスキーが担当した。

今回の発表とあわせて公開された日本オリジナルのチラシビジュアルは、『U・ボート』『アンダーワールド』などのアーウィン・レダー扮する殺人鬼が叫ぶ姿を捉えもの。ジェラルド・カーグル監督は同ビジュアルについて「素晴らしい。見事だ」とコメントしたという。

劇場公開について配給・宣伝サイドからは以下のように注意が促されている。「本作は、1980年にオーストリアで実際に起こった事件を描いております当時の司法制度では裁ききれなかった為に発生した事象であり、本映画をきっかけとして以降大きく制度が変わりました。劇中、倫理的に許容しがたい設定、描写が含まれておりますが、すべて事実に基づいたものであります。本作は娯楽を趣旨としたホラー映画ではありません。特殊な撮影手法と奇抜な演出は観る者に取り返しのつかない心的外傷をおよぼす危険性があるため、この手の作品を好まない方、心臓の弱い方はご遠慮下さいますようお願い致します。またご鑑賞の際には自己責任において覚悟して劇場にご来場下さい」。

作品情報

『アングスト/不安』

2020年7月3日(金)からシネマート新宿ほか全国で順次公開
監督:ジェラルド・カーグル 音楽:クラウス・シュルツェ 出演: アーウィン・レダー シルヴィア・ラベンレイター エディット・ロゼット ルドルフ・ゲッツ 上映時間:87分 配給:アンプラグド
  • HOME
  • Movie,Drama
  • 一家惨殺事件を映画化した『アングスト/不安』が日本劇場初公開 R15+指定

Special Feature

Habitable World──これからの「文化的な生活」

気候変動や環境破壊の進行によって、人間の暮らしや生態系が脅威に晒されているなか、これからの「文化的な生活」のあり方とはどういうものなのだろうか?
すでに行動している人々に学びながら、これからの暮らしを考える。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて