ニュース

市原佐都子が主宰する劇団Q、舞台『妖精の問題』のオンライン公演を開催

オンライン版『妖精の問題』
オンライン版『妖精の問題』

劇団「Q」の舞台『妖精の問題』のオンライン公演が5月16日14:00、5月17日14:00からZoomで上演される。

市原佐都子が主宰、作、演出を務める劇団として2011年に始動したQ。市原は2011年に『虫』で『第11回AAF戯曲賞』を受賞、2020年に『バッコスの信女ーホルスタインの雌』で『第64回岸田國士戯曲賞』を受賞し、2016年には文芸誌「すばる」で小説家デビューも果たしている。

2017年に初演を行ない、その後様々な都市で再演されている『妖精の問題』。2016年に起きた相模原障害者施設殺傷事件をきっかけに、作家自身の中に存在する優生思想と日本社会での生き辛さを見つめ、できるだけ偽善的でない方法であらゆる「生」を肯定するという試みのもとで制作されたとのこと。

過去の公演では、1部は落語「ブス」、2部は歌唱「ゴキブリ」、3部はセミナー「マングルト」とそれぞれ異なった物語とスタイルで構成されていたが、今回はオンラインでの上演のため、出演者や内容を再構成。タイトルの「妖精」は「みえないもの」の隠喩となる。

出演者は、遠藤早菜、竹中香子、寺田華佳、西田夏奈子、日高啓介、山根瑶梨。映像出演として山村崇子(青年団)もキャストに名を連ねている。音楽は額田大志(東京塩麹、ヌトミック)が担当。参加費は999円で、peatixからチケットを購入することができる。上演時間は約130分。詳細はQのホームページで確認しよう。

オンライン版『妖精の問題』稽古風景
オンライン版『妖精の問題』稽古風景
画像を拡大する(2枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

『角舘健悟 × 青葉市子 Live at Waseda Scotthall』

2020年、全4回にわたって行われてきた対談連載企画『角舘健悟の未知との遭遇』。青葉市子と遭遇し、教会に迷い込んだ2人の秘密のセッションの様子が公開された。本連載の趣旨でもあり、2人を繋いだYogee New Wavesの”Summer of Love”と、青葉市子の”みなしごの雨”を披露。クリスマスの夜にどうぞ。(川浦)

  1. KID FRESINOが示す良好なバランス。多層的な創作者としての姿勢 1

    KID FRESINOが示す良好なバランス。多層的な創作者としての姿勢

  2. 木村拓哉がスーツ姿で仲野太賀、塚地武雅と共演 マクドナルド新CM 2

    木村拓哉がスーツ姿で仲野太賀、塚地武雅と共演 マクドナルド新CM

  3. Gotchが歌う「生の肯定」 現代社会のほころびを見つめ直して語る 3

    Gotchが歌う「生の肯定」 現代社会のほころびを見つめ直して語る

  4. 山田孝之主演のNetflix『全裸監督』シーズン2 新ヒロインに恒松祐里 4

    山田孝之主演のNetflix『全裸監督』シーズン2 新ヒロインに恒松祐里

  5. 綾野剛が白昼の商店街を疾走、映画『ヤクザと家族 The Family』本編映像 5

    綾野剛が白昼の商店街を疾走、映画『ヤクザと家族 The Family』本編映像

  6. キンプリ平野紫耀と杉咲花がウサギになりきってぴょんぴょんするHulu新CM 6

    キンプリ平野紫耀と杉咲花がウサギになりきってぴょんぴょんするHulu新CM

  7. 『鬼滅の刃』煉獄杏寿郎の日輪刀を再現 「うまい!」などセリフ音声収録 7

    『鬼滅の刃』煉獄杏寿郎の日輪刀を再現 「うまい!」などセリフ音声収録

  8. 吉高由里子、知念侑李、神宮寺勇太が「アレグラFX」新広告キャラクターに 8

    吉高由里子、知念侑李、神宮寺勇太が「アレグラFX」新広告キャラクターに

  9. 緊急事態宣言下における「ライブイベント公演の開催」に関する共同声明発表 9

    緊急事態宣言下における「ライブイベント公演の開催」に関する共同声明発表

  10. ermhoiの「声」を輝かせている生い立ち、思想、知識、機材を取材 10

    ermhoiの「声」を輝かせている生い立ち、思想、知識、機材を取材