ニュース

『トイ・ストーリー』新作短編がDisney+で配信 『トイ4』もサブスク初登場

『トイ・ストーリー』シリーズの新作ショートアニメーションが6月11日からDisney+で配信される。

Disney+は同日6月11日から日本でのサービスを開始するディズニー定額制公式動画配信サービス。Disney+のオリジナル作品として日本初登場するのは『フォーキーのコレって何?』『ボー・ピープはどこに?』の2作品。

『トイ・ストーリー4』で初登場したフォーキーが主役の『フォーキーのコレって何?』は、「時間とは」「愛とは」「コンピューターとは」など壮大な質問から身近な疑問まで、10の質問を毎回おもちゃの仲間たちに問いかける全10話のシリーズ。6月11日の第1話以降、毎週金曜に新エピソードが配信される。フォーキー役の日本語版ボイスキャストは映画から引き続き竜星涼が担当。

『ボー・ピープはどこに?』では、『トイ・ストーリー4』で約19年ぶりにシリーズに登場したボー・ピープの空白の時間が明かされる。全1話。さらにシリーズ最新作『トイ・ストーリー4』もサブスク初登場する。

なおDisney+の月額料金は、税抜700円。ドコモショップやMy docomo、Disney+のオフィシャルサイトから申し込むことができる。申込にはdアカウントが必要だが、どのキャリアユーザーでも入会可能。また「ディズニーデラックス」の加入者は追加料金なしでDisney+を利用することができる。

竜星涼のコメント

再びフォーキー役を演じることになった時の気持ち、実際に演じた際の感想について
とても光栄であると同時に、本編の収録から少し時間も経っていたのでフォーキーを取り戻せるか、最初は不安もありました。

収録時の良い思い出と大変だった思い出について
今回はほぼ1人語りで、フォーキーがビックリするぐらい喋ってます(笑)。
新しい言葉をどのようにしてみんなの馴染みのあるフォーキーの言い回しにしていくのかとても難しい作業でした。

一番のお気に入りの回、全体通じての見どころについて
どのお話も、フォーキーと一緒になぞなぞを解いていくような感覚で学んでいける、とてもユニークで楽しい内容です。

『トイ・ストーリー4』のフォーキーと短編作品のフォーキーを演じた際の違いについて
本編の時より、ほんの少し大人になったような、でもまだあどけない子どもの部分も残しながらと、矛盾していることを、目指しました。(笑)

視聴者へのメッセージ
皆さんのフォーキー愛が伝わりこのような短編ストーリーが出来上がりました。もっともっとフォーキーが見たかった皆さん!
これを見てたくさんフォーキーに癒されて下さい!ゴミじゃなくなったフォーキーが大活躍!?していますよ!!

チョコレートプラネットのコメント

Disney+(ディズニープラス)で「トイ・ストーリー4」がお楽しみ頂けることになってとても嬉しいです!
これまでのシリーズや短編作品も含めて、いつでもどこでも見放題なので、是非たくさん観て欲しいです。
特に僕たちが声を演じたダッキー&バニーが活躍するシーンは何度も繰り返して観てくださいね!
どんだけ~見ても見放題~!なので(笑)

『フォーキーのコレって何?』6月11日(木)よりディズニープラスで配信予定 ©2020 Disney/Pixar
『フォーキーのコレって何?』6月11日(木)よりディズニープラスで配信予定 ©2020 Disney/Pixar
『ボー・ピープはどこに?』6月11日(木)よりディズニープラスで配信予定 ©2020 Disney/Pixar
『ボー・ピープはどこに?』6月11日(木)よりディズニープラスで配信予定 ©2020 Disney/Pixar
『トイ・ストーリー4』6月11日(木)よりディズニープラスで配信予定 ©2020 Disney/Pixar
『トイ・ストーリー4』6月11日(木)よりディズニープラスで配信予定 ©2020 Disney/Pixar
竜星涼
竜星涼
チョコレートプラネット
チョコレートプラネット
画像を拡大する(5枚)

記事の感想をお聞かせください

知らなかったテーマ、ゲストに対して、新たな発見や感動を得ることはできましたか?

得られなかった 得られた

回答を選択してください

ご協力ありがとうございました。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

あらかじめ決められた恋人たちへ“日々feat.アフロ”

何かを我慢することに慣れすぎて忘れてしまいそうになっている「感情」を、たった10分でこじ開けてしまう魔法のようなミュージックビデオ。現在地を確かめながらも、徐々に感情を回転させていくアフロの言葉とあら恋の音。人を傷つけるのではなく、慈しみ輝かせるためのエモーションが天井知らずの勢いで駆け上がっていった先に待ち構えている景色が、普段とは違ったものに見える。これが芸術の力だと言わんばかりに、潔く堂々と振り切っていて気持ちがいい。柴田剛監督のもと、タイコウクニヨシの写真と佐伯龍蔵の映像にも注目。(柏井)

  1. THE SPELLBOUNDがライブで示した、2人の新しいロックバンド像 1

    THE SPELLBOUNDがライブで示した、2人の新しいロックバンド像

  2. 中村佳穂が語る『竜とそばかすの姫』 シェアされ伝播する歌の姿 2

    中村佳穂が語る『竜とそばかすの姫』 シェアされ伝播する歌の姿

  3. 『プロミシング・ヤング・ウーマン』が映し出す、「女性の現実」 3

    『プロミシング・ヤング・ウーマン』が映し出す、「女性の現実」

  4. ジム・ジャームッシュ特集が延長上映 『パターソン』マーヴィンTシャツも 4

    ジム・ジャームッシュ特集が延長上映 『パターソン』マーヴィンTシャツも

  5. A_oから青い心を持つ全ての人へ 自由に、自分の力で生きること 5

    A_oから青い心を持つ全ての人へ 自由に、自分の力で生きること

  6. 地下から漏れ出すアカデミックかつ凶暴な音 SMTKが4人全員で語る 6

    地下から漏れ出すアカデミックかつ凶暴な音 SMTKが4人全員で語る

  7. 林遣都×小松菜奈『恋する寄生虫』に井浦新、石橋凌が出演 特報2種到着 7

    林遣都×小松菜奈『恋する寄生虫』に井浦新、石橋凌が出演 特報2種到着

  8. 『暗やみの色』で谷川俊太郎、レイ・ハラカミらは何を見せたのか 8

    『暗やみの色』で谷川俊太郎、レイ・ハラカミらは何を見せたのか

  9. ギャスパー・ノエ×モニカ・ベルッチ『アレックス STRAIGHT CUT』10月公開 9

    ギャスパー・ノエ×モニカ・ベルッチ『アレックス STRAIGHT CUT』10月公開

  10. 『ジョーカー』はなぜ無視できない作品なのか?賛否の議論を考察 10

    『ジョーカー』はなぜ無視できない作品なのか?賛否の議論を考察