ニュース

記録映画『東京裁判』4Kデジタルリマスター版が8月公開、上映時間4時間37分

ドキュメンタリー映画『東京裁判』4Kデジタルリマスター版が、8月1日から東京・渋谷のユーロスペースで公開される。

1983年に公開された映画『東京裁判』は、太平洋戦争敗戦後の1946年に、東京・市ヶ谷の旧陸軍省参謀本部で開廷された極東国際軍事裁判の模様を記録した作品。アメリカ国防総省が撮影した50万フィートにおよぶ膨大な記録フィルムをもとに、『人間の條件』『切腹』などの小林正樹監督が5年の歳月をかけて編集、制作した。音楽は武満徹、ナレーターは佐藤慶が担当。

今回の発表とあわせて、監督補佐・脚本・デジタルリマスター監修を務めた小笠原清(CINEA-1)のコメントが到着した。

小笠原清のコメント

あの大戦も、コロナ戦争も -戦後75年、映画『東京裁判』の再上映にあたって-
令和2年、戦後75年。四分の三世紀を経た。国際軍事裁判によって掘り起こされた第2次大戦前後の政治の混乱と過酷な世相を、古い記録フィルムで集成した映画『東京裁判』が、デジタルリニュアル版で鮮明に蘇った。戦争は紛れも無く人災であることを物語っている。国益、権力闘争、イディオロギー、宗教、貧困、差別…。紛争を超克して平和を目指したはずの国連は、近年エゴむき出しの国際社会の中で身悶えしている。今世界を席巻している天災コロナウィルスは人類共通の敵としても、戦争抑止こそ国際社会の永久命題であろう。

『東京裁判』4Kデジタルリマスター版ポスタービジュアル ©講談社 2018
『東京裁判』4Kデジタルリマスター版ポスタービジュアル ©講談社 2018
小笠原清
小笠原清
『東京裁判』4Kデジタルリマスター版 ©講談社 2018
『東京裁判』4Kデジタルリマスター版 ©講談社 2018
『東京裁判』4Kデジタルリマスター版 ©講談社 2018
『東京裁判』4Kデジタルリマスター版 ©講談社 2018
『東京裁判』4Kデジタルリマスター版 ©講談社 2018
『東京裁判』4Kデジタルリマスター版 ©講談社 2018
画像を拡大する(18枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

『角舘健悟 × 青葉市子 Live at Waseda Scotthall』

2020年、全4回にわたって行われてきた対談連載企画『角舘健悟の未知との遭遇』。青葉市子と遭遇し、教会に迷い込んだ2人の秘密のセッションの様子が公開された。本連載の趣旨でもあり、2人を繋いだYogee New Wavesの”Summer of Love”と、青葉市子の”みなしごの雨”を披露。クリスマスの夜にどうぞ。(川浦)

  1. 映画『パラサイト』が地上波初放送。鮮烈な印象残すキャスト陣 1

    映画『パラサイト』が地上波初放送。鮮烈な印象残すキャスト陣

  2. SixTONESの個性と冒険心、そして泥臭さ 初フルアルバム『1ST』 2

    SixTONESの個性と冒険心、そして泥臭さ 初フルアルバム『1ST』

  3. 山田智和が語る、変貌する世界への視線 映像作家が見た2020年 3

    山田智和が語る、変貌する世界への視線 映像作家が見た2020年

  4. Snow Man向井康二と阿部亮平が光と雪のCGの世界でアクションを披露 4

    Snow Man向井康二と阿部亮平が光と雪のCGの世界でアクションを披露

  5. スピッツの新曲“紫の夜を越えて”が『NEWS23』エンディング曲に 本日初OA 5

    スピッツの新曲“紫の夜を越えて”が『NEWS23』エンディング曲に 本日初OA

  6. 尾田栄一郎『ONE PIECE』1000話記念 キャラクター世界人気投票開催 6

    尾田栄一郎『ONE PIECE』1000話記念 キャラクター世界人気投票開催

  7. 宝島社企業広告、今年のテーマは「怒り」「暴力」「コロナ感染対策」 7

    宝島社企業広告、今年のテーマは「怒り」「暴力」「コロナ感染対策」

  8. 米津玄師『news zero』テーマ曲のタイトルは“ゆめうつつ”、今夜初OA 8

    米津玄師『news zero』テーマ曲のタイトルは“ゆめうつつ”、今夜初OA

  9. 藤井 風“旅路”が高畑充希主演ドラマ『にじいろカルテ』主題歌に 9

    藤井 風“旅路”が高畑充希主演ドラマ『にじいろカルテ』主題歌に

  10. 石橋菜津美×中村蒼 こだま原作ドラマ『夫のちんぽが入らない』地上波放送 10

    石橋菜津美×中村蒼 こだま原作ドラマ『夫のちんぽが入らない』地上波放送