岡田将生×志尊淳×平手友梨奈 映画『さんかく窓の外側は夜』場面写真公開

映画『さんかく窓の外側は夜』の場面写真が公開された。

ヤマシタトモコの同名漫画を映画化する『さんかく窓の外側は夜』は、幼い頃から幽霊が見える特異体質に悩む書店員・三角康介と除霊師・冷川理人がバディーを組んで事件に挑むミステリー作品。2人が刑事の半澤から持ち掛けられた連続殺人事件の真相を探るなかで「ヒウラエリカに…だまされた…」という言葉に辿り着くというあらすじだ。冷川役に岡田将生、三角役に志尊淳、ヒウラエリカ役に平手友梨奈がキャスティング。監督は森ガキ侑大が務め、脚本は相沢友子が担当した。10月30日公開予定。

公開されたのは、冷川が三角の胸に手を当て「除霊」をするシーンと、薄暗い場所で制服に身を包んだヒウラエリカの姿を捉えたもの。「除霊」シーンの後、冷川が三角に「私といると(霊が)怖くなくなりますよ」と自身が行なう除霊作業の仕事に勧誘したことで、2人の運命が動き出すことになるという。

作品情報

『さんかく窓の外側は夜』

2020年10月30日(金)全国公開
監督:森ガキ侑大 脚本:相沢友子 原作:ヤマシタトモコ『さんかく窓の外側は夜』(リブレ) 主題歌:ずっと真夜中でいいのに。“暗く黒く” 出演: 岡田将生 志尊淳 平手友梨奈 滝藤賢一 マキタスポーツ 新納慎也 桜井ユキ 和久井映見 筒井道隆 配給:松竹
  • HOME
  • Movie/Drama
  • 岡田将生×志尊淳×平手友梨奈 映画『さんかく窓の外側は夜』場面写真公開

Special Feature

Habitable World──これからの「文化的な生活」

気候変動や環境破壊の進行によって、人間の暮らしや生態系が脅威に晒されているなか、これからの「文化的な生活」のあり方とはどういうものなのだろうか?
すでに行動している人々に学びながら、これからの暮らしを考える。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて