ランボーを『刃牙』板垣恵介が描き下ろし&応援 映画『ランボー』最終章

板垣恵介による映画『ランボー ラスト・ブラッド』の描き下ろしイラストが公開された。

6月26日から公開される同作は、1982年に第1作目が公開されたシルベスター・スタローン主演『ランボー』シリーズの最終章。孤独な戦いを経て祖国アメリカに戻ったジョン・ランボーは、故郷アリゾナの牧場で古い友人のマリア、その孫娘ガブリエラと共に「家族」として穏やかな生活を送っていたが、ガブリエラがメキシコの人身売買カルテルに拉致されたことから事態が急転するというあらすじだ。ジョン・ランボー役をシルベスター・スタローンが続投し、ガブリエラ役をイヴェット・モンレアルが演じる。

イラストは眉間に皺を寄せて怒りの表情を浮かべるランボーを描いたもの。同作をすでに鑑賞した板垣恵介は、「憤怒と復讐、この2つさえあれば”ランボー”は幾度だって続けられる。だってまだ死んでないもの、今回も!」とコメント。

なお、同イラストを使用したポスターが6月12日からより全国の劇場で掲出予定。

作品情報

『ランボー ラスト・ブラッド』

2020年6月26日(金)からTOHOシネマズ日比谷ほか全国で公開
監督:エイドリアン・グランバーグ 脚本:マット・サーアルニック、シルベスター・スタローン ストーリー:ダン・ゴードン、シルベスター・スタローン キャラクター原案:デイヴィッド・マレル 出演: シルベスター・スタローン パス・ベガ セルヒオ・ペリス=メンチェータ アドリアナ・バラーサ マリア・ベルトラン イヴェット・モンレアル オスカル・ハエナダ 上映時間:101分 配給:ギャガ
  • HOME
  • Movie,Drama
  • ランボーを『刃牙』板垣恵介が描き下ろし&応援 映画『ランボー』最終章

Special Feature

Habitable World──これからの「文化的な生活」

気候変動や環境破壊の進行によって、人間の暮らしや生態系が脅威に晒されているなか、これからの「文化的な生活」のあり方とはどういうものなのだろうか?
すでに行動している人々に学びながら、これからの暮らしを考える。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて