『約束のネバーランド』が英語版実写ドラマ化 Amazon Prime Videoで配信

漫画『約束のネバーランド』の英語版実写ドラマがAmazon Prime Videoで配信される。

『週刊少年ジャンプ』で連載中の白井カイウ、出水ぽすかによる漫画『約束のネバーランド』は、孤児院「グレイス=フィールドハウス」を舞台に、「楽園だと信じていた孤児院」が「鬼に献上する食用児を育てる農園」であることに気づいたエマ、レイ、ノーマンを中心とした脱獄劇を描いた作品。昨年テレビアニメ化され、12月には実写映画化の公開を予定している。

英語版実写テレビドラマの監督は『スパイダーマン: スパイダーバース』の共同監督を務めたロドニー・ロスマン。プロデューサーは日本のアニメファンであるというマシ・オカが担当している。制作スタジオは『ボヘミアン・ラプソディ』『スター・ウォーズ』シリーズなどを生み出したFOX21。

作品情報

『約束のネバーランド』

監督:ロドニー・ロスマン 脚本:メガン・マロイ
  • HOME
  • Movie,Drama
  • 『約束のネバーランド』が英語版実写ドラマ化 Amazon Prime Videoで配信

Special Feature

coe──未来世代のちいさな声から兆しをつくる

ダイバーシティーやインクルージョンという言葉が浸透し、SDGsなど社会課題の解決を目指す取り組みが進む。しかし、個人のちいさな声はどうしても取りこぼされてしまいがちだ。いまこの瞬間も、たくさんの子どもや若者たちが真剣な悩みやコンプレックス、生きづらさを抱えながら、毎日を生きている。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて