ニュース

ティモシー・シャラメ&グレタ・ガーウィグが『わたしの若草物語』語る

映画『ストーリー・オブ・マイライフ/わたしの若草物語』のグレタ・ガーウィグ監督とティモシー・シャラメのインタビュー映像が公開された。

グレタ・ガーウィグ監督は、原作であるルイーザ・メイ・オルコットの小説『若草物語』について「今の私があるのは『若草物語』のおかげです。自分らしく生きることを学び、マーチ姉妹は私の目標だった。大人になってから読んだら内容が現代的で驚きました」とコメント。映画化を決意したのは約5年前で、「勇気を持ってソニーを訪れ“監督したい”と言ったらまず脚本を書く許可が出て、そのあとに監督をやらせてくれることになりました」「今回の映画はおそらく私にとって――この上なく個人的な作品だと思います」と明かしている。

また劇中でローリー役を演じるティモシー・シャラメについて、ジョー役のシアーシャ・ローナンとの相性の良さを語り、「ティモシー以外の俳優は考えませんでした。彼なら完璧だと思ったし、実際撮影してみたらそのとおりでした。2人の共演シーンは最高です」と評している。

ティモシー・シャラメは『若草物語』について「現代でも通じる物語だと思います。1800年代に書かれた小説ですが、女性の持つ力について書かれています。理不尽な性差別で制限される女性の姿も」と述べている。さらに映画について「芸術家の進む道について焦点が絞られています。ジョーは科学者の役でもいいですが、この物語では芸術家なんです」とコメント。

同作のあらすじは、アメリカ・ボストンで暮らすマーチ家の次女ジョーは小説家としての成功を夢見る中、ある日ダンスパーティーでローレンス家の1人息子であるローリーと出会い、やがて彼からプロポーズをされるも、ジョーは小説家になるためにニューヨークに渡るというもの。『第92回アカデミー賞』衣装デザイン賞を受賞した。6月12日に日本公開予定だ。


『ストーリー・オブ・マイライフ/わたしの若草物語』
『ストーリー・オブ・マイライフ/わたしの若草物語』
画像を拡大する(1枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

BIM“Wink”

BIMの新作『NOT BUSY』より“Wink”の映像が公開。ゆるめに結んだネクタイは軽妙洒脱でも、背伸びはしない。どこか冴えない繰り返しのなかで<だって俺らの本番はきっとこれから>と、吹っ切れなさもそのままラップして次へ。BIMの現在進行形のかっこよさと人懐っこさがトレースされたようなGIFアニメが最高にチャーミング。(山元)

  1. Ken Yokoyama、個の力強さが問われる時代に示す音楽家の矜持 1

    Ken Yokoyama、個の力強さが問われる時代に示す音楽家の矜持

  2. 三浦春馬が日本の未来を切り開いた五代友厚役 映画『天外者』12月公開 2

    三浦春馬が日本の未来を切り開いた五代友厚役 映画『天外者』12月公開

  3. 相葉雅紀と松本潤が新聞の見開き広告で向かい合う オリジナル壁紙も 3

    相葉雅紀と松本潤が新聞の見開き広告で向かい合う オリジナル壁紙も

  4. 『保健教師アン・ウニョン』Netflixで配信。キャストや見どころ紹介 4

    『保健教師アン・ウニョン』Netflixで配信。キャストや見どころ紹介

  5. STUTSがマイクをとる 数々の音楽家から受けた刺激と経験を武器に 5

    STUTSがマイクをとる 数々の音楽家から受けた刺激と経験を武器に

  6. 機材で聴くヒップホップ。90年代の音を支えたSP-1200 6

    機材で聴くヒップホップ。90年代の音を支えたSP-1200

  7. 伊藤万理華が主演、青春SF映画『サマーフィルムにのって』2021年公開 7

    伊藤万理華が主演、青春SF映画『サマーフィルムにのって』2021年公開

  8. MONOEYES、新アルバム『Between the Black and Gray』本日リリース&PV公開 8

    MONOEYES、新アルバム『Between the Black and Gray』本日リリース&PV公開

  9. 安斉かれんというアーティスト。『M』で注目された21歳の真の顔 9

    安斉かれんというアーティスト。『M』で注目された21歳の真の顔

  10. Dos Monosからの挑戦状に、自由な発想で表現。リミックス座談会 10

    Dos Monosからの挑戦状に、自由な発想で表現。リミックス座談会