映画『楢山節考』『武士道残酷物語』が7月に丸の内TOEIでデジタル上映

映画『楢山節考』『武士道残酷物語』が7月3日から東京・丸の内TOEIでデジタル上映される。

1983年の『カンヌ国際映画祭』パルムドールを受賞した今村昌平監督の『楢山節考』は、深沢七郎の同名小説をもとにした作品。信州の山深い寒村を舞台に、70歳を目前にした老女が土地の習わしに従い雪の降る日、息子に背負われて楢山に捨てられに行くというあらすじだ。主人公・辰平役の緒形拳、その母・おりん役の坂本スミ子、清川虹子、倍賞美津子らが出演。撮影は長野・北安曇郡の小谷村の廃村にオープンセットを組み、1年間にわたって行なわれた。

1963年の『ベルリン国際映画祭』金熊賞を受賞した今井正監督の『武士道残酷物語』は、南條範夫の小説『被虐の系譜』をもとに、7代にわたる残酷の歴史を描いた作品。中村錦之助が戦国時代の武士、特攻隊員、現代のサラリーマンなど7役を演じたほか、有馬稲子、岸田今日子らが共演した。

デジタル上映にあわせて丸の内TOEIのロビーには両作品の受賞トロフィーが展示される。

イベント情報

『楢山節考』『武士道残酷物語』デジタル上映

2020年7月3日(金)~7月16日(木) 会場:東京都 丸の内TOEI 料金:1,100円
  • HOME
  • Movie,Drama
  • 映画『楢山節考』『武士道残酷物語』が7月に丸の内TOEIでデジタル上映

Special Feature

メタ・サピエンス──デジタルとリアルが溶け合う世界を探究する

デジタルとリアルが融合する世界。世界はどう変化し、人々はどう進化するのだろうか?私たちはその進化した存在を「メタ・サピエンス」と名づけ、「Humanity - 人類の進化」「Life - 生活・文化の進化」「Society - 社会基盤の進化」の3つの視点からメタ・サピエンスの行動原理を探究していく。

詳しくみる

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて