写真家・四方花林が贈る22作家の展覧会 オンライン&アムステルダムで開催

オンライン展示『The world which you can see by stopping』が8月30日まで開催されている。

オランダ・アムステルダムにあるギャラリーTHE ART OF SEPTEMBERでも実施中の同展。「立ち止まることで見える世界」をテーマに据えて、22人のアーティストによる作品を展示している。キュレーションは四方花林(THE ART OF SEPTEMBER)が担当。

参加作家は、Karin Murata、Louise Claire WAGNER、MARCO、Katharina Siegel、KAZUKI、yusho kobayashi、Madoka Murozuka、Takuro Komatsuzaki、Karin Shikata、mao kokubu、Andreas Naujoks、TOKIO OKADA、Emiko Tamura、Hideaki Ota、kiske、Julie Henning、MINA NAGAI、NO PANTIES、ERU AKAZAWA、manamu、Tomoko Hiraoji、Junpei Hagihara。

  • HOME
  • Art,Design
  • 写真家・四方花林が贈る22作家の展覧会 オンライン&アムステルダムで開催

Special Feature

coe──未来世代のちいさな声から兆しをつくる

ダイバーシティーやインクルージョンという言葉が浸透し、SDGsなど社会課題の解決を目指す取り組みが進む。しかし、個人のちいさな声はどうしても取りこぼされてしまいがちだ。いまこの瞬間も、たくさんの子どもや若者たちが真剣な悩みやコンプレックス、生きづらさを抱えながら、毎日を生きている。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて