KERA×緒川たまきのケムリ研究室『ベイジルタウンの女神』ビジュアル公開

ケムリ研究室の旗揚げ第1回公演『ベイジルタウンの女神』のビジュアル、公演詳細が発表された。

ケムリ研究室は、ケラリーノ・サンドロヴィッチ(ナイロン100℃)と緒川たまきが立ち上げた新ユニット。9月13日から東京・世田谷パブリックシアターで上演される『ベイジルタウンの女神』は、ふとしたことから貧民街で暮らすことになった俗世知らずの女社長を巡るコメディーになる模様とのこと。

出演者は、緒川たまきをはじめ、仲村トオル、水野美紀、山内圭哉、吉岡里帆、松下洸平、望月綾乃、大場みなみ、斉藤悠、渡邊絵理、依田朋子、荒悠平、尾方宣久、菅原永二、植本純米、温水洋一、犬山イヌコ、高田聖子ら。

ケラリーノ・サンドロヴィッチは公演チラシに「緒川さんと新しいユニットを立ち上げました。どうぞよろしく。記念すべき一作目は賑やかで誰もが楽しめる作品にしたいと考えています。大企業のワンマン女社長がふとしたことから貧民街で暮らすことになり、そこから巻き起こるあれこれを描くコメディになるはず。なにしろこんな時代なので、なにかと御不便をおかけするかもしれません。このチラシの写真も、自粛期間中にキャスト各自にスマホで自撮りして頂きました。やる側も観る側も安全第一で、今でき得る限りの舞台を創りあげられるよう精一杯やります。観に来てくれろ」とコメントを寄せている。

キューブの無料メルマガ会員「cubit club」では7月10日から東京公演のチケット最速先行予約の受付を開始。その後、各プレイガイドでの先行販売を予定している。一般販売は9月13日から20日までの公演が8月22日、9月21日から27日までの公演が9月5日からスタート。

東京公演終了後には、10月1日から兵庫・西宮の兵庫県立芸術文化センター 阪急 中ホール、10月9日から福岡・小倉の北九州芸術劇場 中劇場で上演される。

イベント情報

『ケムリ研究室 no.1「ベイジルタウンの女神」』

作・演出:ケラリーノ・サンドロヴィッチ 振付:小野寺修二 映像:上田大樹 音楽:鈴木光介 出演:  緒川たまき 仲村トオル 水野美紀 山内圭哉 吉岡里帆 松下洸平 望月綾乃 大場みなみ 斉藤悠 渡邊絵理 依田朋子 荒悠平 尾方宣久 菅原永二 植本純米 温水洋一 犬山イヌコ 高田聖子 東京公演 2020年9月13日(日)〜9月27日(日)全17公演 会場:東京都 世田谷パブリックシアター 料金:S席12,000円 A席8,800円 学生割引席6,000円 兵庫公演 2020年10月1日(木)〜10月4日(日) 会場:兵庫県 西宮 兵庫県立芸術文化センター 阪急 中ホール 福岡公演 2020年10月9日(金)〜10月10日(土) 会場:福岡県 小倉 北九州芸術劇場 中劇場 料金:一般8,500円 24歳以下4,500円 高校生(的)チケット1,500円
  • HOME
  • Stage
  • KERA×緒川たまきのケムリ研究室『ベイジルタウンの女神』ビジュアル公開

Special Feature

メタ・サピエンス──デジタルとリアルが溶け合う世界を探究する

デジタルとリアルが融合する世界。世界はどう変化し、人々はどう進化するのだろうか?私たちはその進化した存在を「メタ・サピエンス」と名づけ、「Humanity - 人類の進化」「Life - 生活・文化の進化」「Society - 社会基盤の進化」の3つの視点からメタ・サピエンスの行動原理を探究していく。

詳しくみる

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて