坂口恭平の新AL『永遠に頭上に』9月発売 石牟礼道子の詩をもとにした曲も

坂口恭平のニューアルバム『永遠に頭上に』が9月9日にリリースされる。

坂口恭平にとって約2年半ぶり、2枚目のスタジオアルバムとなる同作には、同郷である熊本出身の作家、詩人の石牟礼道子の詩を使用した弾き語り“海底の修羅”や、バンド編成による“TRAIN-TRAIN”のカバーなど全6曲を収録。1日で終えたというレコーディングには、前作『アポロン』と同様に寺尾紗穂、厚海義朗、菅沼雄太が参加した。

リリース情報

坂口恭平
『永遠に頭上に』

2020年9月9日(水)発売 料金:2,000円(税別) PECF-1181
1. 飛行場 2. 松ばやし 3. 霧 4. 露草 5. TRAIN-TRAIN 6. 海底の修羅
  • HOME
  • Music
  • 坂口恭平の新AL『永遠に頭上に』9月発売 石牟礼道子の詩をもとにした曲も

Special Feature

Habitable World──これからの「文化的な生活」

気候変動や環境破壊の進行によって、人間の暮らしや生態系が脅威に晒されているなか、これからの「文化的な生活」のあり方とはどういうものなのだろうか?
すでに行動している人々に学びながら、これからの暮らしを考える。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて