ニュース

『映画ドラえもん のび太の新恐竜』特別映像 「また一緒に冒険しよう!」

『映画ドラえもん のび太の新恐竜』の特別映像と新ビジュアルが公開された。

同作は、今年で原作の連載開始から50年を迎える『映画ドラえもん』シリーズの40作目。映画1作目『映画ドラえもん のび太の恐竜』とは異なるオリジナルストーリーとなり、6600万年前の白亜紀を舞台に、のび太が双子の恐竜キューとミューと共に冒険を繰り広げる様が描かれる。テーマは「進化」。監督は今井一暁が務め、脚本は川村元気が担当した。Mr.Childrenが書き下ろした楽曲“Birthday”“君と重ねたモノローグ”がダブル主題歌。ゲスト声優として木村拓哉、渡辺直美が参加している。当初の公開日は3月6日だったが、新型コロナウイルス感染拡大の影響を受けて8月7日に延期となった。

『映画ドラえもん のび太の新恐竜」スペシャル映像~いよいよ始まる大冒険ver.~』と題された映像には、『映画ドラえもん』歴代作品が登場するほか、ドラえもんの「みんな、待っててくれてありがとう。いよいよ始まるよ! また一緒に冒険しよう!」という声が確認できる。同映像は7月18日放送の『ドラえもん』内でもオンエア予定。

新ビジュアルには双子の恐竜キューとミューと共に空を飛ぶドラえもんとのび太たち、タルボサウルスやシノケラトプスといった恐竜たちなどの姿が写し出されている。

また、公開延期に伴い停止していた前売券の販売が7月17日から再開。公開延期発表前に購入した前売券も使用可能だ。全国の映画館での販売は再開されない。

『映画ドラえもん のび太の新恐竜』ビジュアル ©藤子プロ・小学館・テレビ朝日・シンエイ・ADK 2020
『映画ドラえもん のび太の新恐竜』ビジュアル ©藤子プロ・小学館・テレビ朝日・シンエイ・ADK 2020
画像を拡大する(1枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

BIM“Wink”

BIMの新作『NOT BUSY』より“Wink”の映像が公開。ゆるめに結んだネクタイは軽妙洒脱でも、背伸びはしない。どこか冴えない繰り返しのなかで<だって俺らの本番はきっとこれから>と、吹っ切れなさもそのままラップして次へ。BIMの現在進行形のかっこよさと人懐っこさがトレースされたようなGIFアニメが最高にチャーミング。(山元)

  1. Ken Yokoyama、個の力強さが問われる時代に示す音楽家の矜持 1

    Ken Yokoyama、個の力強さが問われる時代に示す音楽家の矜持

  2. 三浦春馬が日本の未来を切り開いた五代友厚役 映画『天外者』12月公開 2

    三浦春馬が日本の未来を切り開いた五代友厚役 映画『天外者』12月公開

  3. 相葉雅紀と松本潤が新聞の見開き広告で向かい合う オリジナル壁紙も 3

    相葉雅紀と松本潤が新聞の見開き広告で向かい合う オリジナル壁紙も

  4. 『保健教師アン・ウニョン』Netflixで配信。キャストや見どころ紹介 4

    『保健教師アン・ウニョン』Netflixで配信。キャストや見どころ紹介

  5. STUTSがマイクをとる 数々の音楽家から受けた刺激と経験を武器に 5

    STUTSがマイクをとる 数々の音楽家から受けた刺激と経験を武器に

  6. 機材で聴くヒップホップ。90年代の音を支えたSP-1200 6

    機材で聴くヒップホップ。90年代の音を支えたSP-1200

  7. 伊藤万理華が主演、青春SF映画『サマーフィルムにのって』2021年公開 7

    伊藤万理華が主演、青春SF映画『サマーフィルムにのって』2021年公開

  8. MONOEYES、新アルバム『Between the Black and Gray』本日リリース&PV公開 8

    MONOEYES、新アルバム『Between the Black and Gray』本日リリース&PV公開

  9. 安斉かれんというアーティスト。『M』で注目された21歳の真の顔 9

    安斉かれんというアーティスト。『M』で注目された21歳の真の顔

  10. Dos Monosからの挑戦状に、自由な発想で表現。リミックス座談会 10

    Dos Monosからの挑戦状に、自由な発想で表現。リミックス座談会