荒俣宏監修、乱歩にまつわる500超の「言葉」を解説『江戸川乱歩語辞典』

奈落一騎の著書『江戸川乱歩語辞典』が8月5日に刊行される。

荒俣宏が監修を務めた同書では、江戸川乱歩作品の登場人物や舞台、セリフ、小道具、映画、テレビドラマ、漫画、アニメなど、乱歩とその周辺にまつわる500語以上の「言葉」を、永井秀樹によるイラストと共に辞典形式で解説。

綴じ込み付録には著名人による「私が愛する乱歩作品ベスト3」を収録。荒俣宏、永井秀樹をはじめ、赤木かん子、綾辻行人、有栖川有栖、江戸川乱歩記念館、神田伯山、肥沼和之(月に吠える)、小林泰三、斉藤詠一、佐藤寿保、塚本晋也、友清哲、西村京太郎、松本幸四郎、村井光男(ナナロク社)、八重野充弘、和嶋慎治(人間椅子)、戸川安宣、小学5年女子らが回答協力した。

書籍情報

『江戸川乱歩語辞典』

2020年8月5日(水) 著者:奈落一騎 監修:荒俣宏 価格:1,600円(税別) 発行:誠文堂新光社

Amazonで購入する

  • HOME
  • Book
  • 荒俣宏監修、乱歩にまつわる500超の「言葉」を解説『江戸川乱歩語辞典』

Special Feature

coe──未来世代のちいさな声から兆しをつくる

ダイバーシティーやインクルージョンという言葉が浸透し、SDGsなど社会課題の解決を目指す取り組みが進む。しかし、個人のちいさな声はどうしても取りこぼされてしまいがちだ。いまこの瞬間も、たくさんの子どもや若者たちが真剣な悩みやコンプレックス、生きづらさを抱えながら、毎日を生きている。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて