『ジャン=ポール・ベルモンド傑作選』でアクション&コメディー8作品上映

『ジャン=ポール・ベルモンド傑作選』が10月30日から東京・新宿武蔵野館ほか全国で順次公開される。

ジャン=リュック・ゴダール監督の『勝手にしやがれ』『気狂いピエロ』などで知られる俳優のジャン=ポール・ベルモンド。『ジャン=ポール・ベルモンド傑作選』では、近年見る機会の少ないアクション作品とコメディー作品を上映する。

上映作品は、フィリップ・ド・ブロカ監督『大盗賊』、ジェラール・ウーリー監督『大頭脳』、アンリ・ヴェルヌイユ監督『恐怖に襲われた街』、フィリップ・ラブロ監督『危険を買う男』、ロベール・アンリコ監督『オー!』、クロード・ジディ監督『ムッシュとマドモアゼル』、ジョルジュ・ロートネル監督『警部』『プロフェッショナル』の8本。『大盗賊』は4Kリマスター上映、それ以外の作品はHDリマスター上映となる。『プロフェッショナル』は日本初劇場公開。

今回の発表とあわせてポスタービジュアルが公開された。

イベント情報

『ジャン=ポール・ベルモンド傑作選』

2020年10月30日(金)から新宿武蔵野館ほか全国で順次公開
上映作品: 『大盗賊』(監督:フィリップ・ド・ブロカ) 『大頭脳』(監督:ジェラール・ウーリー) 『恐怖に襲われた街』(監督:アンリ・ヴェルヌイユ) 『危険を買う男』(監督:フィリップ・ラブロ) 『オー!』(監督:ロベール・アンリコ) 『ムッシュとマドモアゼル』(監督:クロード・ジディ) 『警部』(監督:ジョルジュ・ロートネル) 『プロフェッショナル』(監督:ジョルジュ・ロートネル) 配給:エデン
  • HOME
  • Movie,Drama
  • 『ジャン=ポール・ベルモンド傑作選』でアクション&コメディー8作品上映

Special Feature

Habitable World──これからの「文化的な生活」

気候変動や環境破壊の進行によって、人間の暮らしや生態系が脅威に晒されているなか、これからの「文化的な生活」のあり方とはどういうものなのだろうか?
すでに行動している人々に学びながら、これからの暮らしを考える。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて