ニュース

伊藤沙莉主演&山田佳奈監督の映画『タイトル、拒絶』11月公開 予告編も

『タイトル、拒絶』 ©DirectorsBox
『タイトル、拒絶』 ©DirectorsBox

映画『タイトル、拒絶』の公開日が11月13日に決定。予告編が公開された。

『第32回東京国際映画祭』日本映画スプラッシュ部門でワールドプレミア上映された同作は、2013年に□字ックが初演した舞台『タイトル、拒絶』を映画化した作品。とあるデリバリーヘルスに「若くてモデルのような体型のオンナ」が入店したことで人気のデルヘル嬢が一変し、女性たちの人間関係やそれぞれの人生背景が崩れていく様を描く。

デリヘル嬢たちの世話係を務める主人公カノウ役に伊藤沙莉がキャスティング。「誰にも渡したくなかった」と話すほど意欲的にカノウ役に臨んだという伊藤沙莉は、『第32回東京国際映画祭』東京ジェムストーン賞を受賞した。人気デリヘル嬢のマヒル役を恒松祐里が演じるほか、でんでん、森田想、モトーラ世理奈、池田大、田中俊介、般若らが出演している。劇中歌は女王蜂の“燃える海”。同作が初長編監督作となる山田佳奈(□字ック)がメガホンを取り、脚本を手掛けた。

予告編にはカノウが「私の人生なんてクソみたいなもんだと思うんですよね」と吐き捨てる姿やベッドで迫る男を「うわ、無理!」と拒絶する様子、女性が「あたしばっかり! ねえ、なんで!」と喚く場面、般若演じる男性が男の顔面を殴りつけるシーン、「私の人生に、タイトルなんて必要なんでしょうか」という言葉などが確認できる。

伊藤沙莉のコメント

昨年、第32回東京国際映画祭 日本映画スプラッシュ部門での正式出品以来、ようやく再び作品を沢山の方々に観ていただける機会が巡ってきました。必死に、もがきながら、なんとか生きているという点では、今こういう時代だからこそ、より多くの方々に観ていただきたいなと思います。

山田佳奈監督のコメント

とても思い入れのある作品が遂に公開という運びとなりました。去年の冬に撮影をしたのが嘘のように状況も大きく変化し、映画の可能性を自分自身考える日々が続きましたが、私に出来ることは人の生活における不安や遣る瀬無さに、そっと手を添えることではないかと思っています。出演者、スタッフ、すべての人が全力でクリエイティブに関わって下さった作品が公開になること、本当に誇らしく思います。セックスワーカーの彼女たちを通して、観て下さった方々が力強く踏み出せますように。そう願っております。

『タイトル、拒絶』 ©DirectorsBox
『タイトル、拒絶』 ©DirectorsBox
『タイトル、拒絶』 ©DirectorsBox
『タイトル、拒絶』 ©DirectorsBox
『タイトル、拒絶』 ©DirectorsBox
『タイトル、拒絶』 ©DirectorsBox
『タイトル、拒絶』 ©DirectorsBox
『タイトル、拒絶』 ©DirectorsBox
山田佳奈監督
山田佳奈監督
『タイトル、拒絶』ポスタービジュアル ©DirectorsBox
『タイトル、拒絶』ポスタービジュアル ©DirectorsBox
画像を拡大する(7枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

BIM“Wink”

BIMの新作『NOT BUSY』より“Wink”の映像が公開。ゆるめに結んだネクタイは軽妙洒脱でも、背伸びはしない。どこか冴えない繰り返しのなかで<だって俺らの本番はきっとこれから>と、吹っ切れなさもそのままラップして次へ。BIMの現在進行形のかっこよさと人懐っこさがトレースされたようなGIFアニメが最高にチャーミング。(山元)

  1. Ken Yokoyama、個の力強さが問われる時代に示す音楽家の矜持 1

    Ken Yokoyama、個の力強さが問われる時代に示す音楽家の矜持

  2. 三浦春馬が日本の未来を切り開いた五代友厚役 映画『天外者』12月公開 2

    三浦春馬が日本の未来を切り開いた五代友厚役 映画『天外者』12月公開

  3. 相葉雅紀と松本潤が新聞の見開き広告で向かい合う オリジナル壁紙も 3

    相葉雅紀と松本潤が新聞の見開き広告で向かい合う オリジナル壁紙も

  4. 『保健教師アン・ウニョン』Netflixで配信。キャストや見どころ紹介 4

    『保健教師アン・ウニョン』Netflixで配信。キャストや見どころ紹介

  5. STUTSがマイクをとる 数々の音楽家から受けた刺激と経験を武器に 5

    STUTSがマイクをとる 数々の音楽家から受けた刺激と経験を武器に

  6. 機材で聴くヒップホップ。90年代の音を支えたSP-1200 6

    機材で聴くヒップホップ。90年代の音を支えたSP-1200

  7. 伊藤万理華が主演、青春SF映画『サマーフィルムにのって』2021年公開 7

    伊藤万理華が主演、青春SF映画『サマーフィルムにのって』2021年公開

  8. MONOEYES、新アルバム『Between the Black and Gray』本日リリース&PV公開 8

    MONOEYES、新アルバム『Between the Black and Gray』本日リリース&PV公開

  9. 安斉かれんというアーティスト。『M』で注目された21歳の真の顔 9

    安斉かれんというアーティスト。『M』で注目された21歳の真の顔

  10. Dos Monosからの挑戦状に、自由な発想で表現。リミックス座談会 10

    Dos Monosからの挑戦状に、自由な発想で表現。リミックス座談会