ニュース

劇場版『セーラームーン』アマゾン・トリオ役に日野聡、豊永利行、蒼井翔太

『劇場版「美少女戦士セーラームーンEternal」』アマゾン・トリオのキャラクタービジュアルと蒼井翔太、日野聡、豊永利行 ©武内直子・PNP/劇場版「美少女戦士セーラームーンEternal」製作委員会
『劇場版「美少女戦士セーラームーンEternal」』アマゾン・トリオのキャラクタービジュアルと蒼井翔太、日野聡、豊永利行 ©武内直子・PNP/劇場版「美少女戦士セーラームーンEternal」製作委員会

『劇場版「美少女戦士セーラームーンEternal」』の追加キャストが発表された。

武内直子原作のアニメ『美少女戦士セーラームーン』シリーズにとって約25年ぶりの劇場版となる同作は、原作の4期にあたる「デッド・ムーン編」を前編、後編に分けてアニメ化するもの。皆既日食の日に月野うさぎとちびうさのもとにペガサス・エリオスが現れ、うさぎたちに助けを求めるところから物語が動き出す。総監修は武内直子、監督は今千秋が務めるほか、キャラクターデザインは只野和子が担当。声の出演者には、三石琴乃、金元寿子、佐藤利奈、小清水亜美、伊藤静、福圓美里、野島健児らが名を連ねる。前編は2021年1月8日、後編は2月11日から公開。

新たに出演が発表されたのは、日野聡、豊永利行、蒼井翔太。セーラー戦士たちの敵であるデッド・ムーンサーカス団の動物で、人間に姿を変えられた「アマゾン・トリオ」のタイガーズ・アイ役を日野聡、ホークス・アイ役を豊永利行、フィッシュ・アイ役を蒼井翔太が演じる。蒼井翔太にとってフィッシュ・アイというキャラクターは声優を目指すきっかけにもなったとのこと。

日野聡のコメント

女の子たちの憧れである「美少女戦士セーラームーン」に出演出来ること、そしてタイガーズ・アイを演じられることにとても喜びを感じると同時に、責任感も強く感じました。オーディションの結果を聞いた時は、本当に嬉しかったです。放送当時は中学生で、妹と共に食事の時間帯によく見ていました。男の自分から見てもタキシード仮面の格好良さに心を持っていかれました。
タイガーズ・アイは、アマゾン・トリオの中でもワイルドさと妖艶さのバランスが魅力的なキャラクター。そのバランスに気をつけながら演じました。音響監督さんからの演出で、オーバーリアクションも求められたポイントもあるので、そういうところも楽しんでいただけたら嬉しいです。
原作の4期にあたるデッド・ ムーン編が、25年ぶりに劇場版として公開されます。たいへん人気のあるエピソードですので、みんな気合いを入れて挑んでおります。沢山のファンの皆様にスクリーンで楽しんで頂けたらと思います!是非ご期待下さい!

豊永利行のコメント

自分が幼少の時に見ていたセーラームーン。まさか自分が出演させていただける日が来るとは思ってもいなかったので、とにかく驚きました。セーラージュピターが好き!と同級生に言ってた記憶があります。多分ポニーテールが好きなんです、はい。
最初のディレクションの時に「オネエです」と言われたのですが、ただのオネエにならないように気を付けました。ホークス・アイには叶えたい夢があったので、純粋な気持ちも忘れずにいよう、と思って演じさせていただきました。
あの頃を知っている方は「あの頃の記憶がよみがえるよう」初めてご覧になられる方は「新鮮な気持ちが味わえるよう」楽しんで、全力で演じさせていただきました。是非、何度もご覧いただけますと幸いです。

蒼井翔太のコメント

保育園でごっこ遊びをしたり、ミュージカルを見に行ったりするほど大好きで、僕のthe青春であるこの作品に出演できて本当に嬉しいです。
もちろん全てのキャラクターが好きですが、中でも一人を選ぶとしたらフィッシュ・アイだといろんなところでお話ししてきたので、フィッシュ・アイ役での出演が決まって、僕の夢がまた一つ叶ったと同時に、この作品を愛してやまない皆様の期待を裏切らないようにと気を引き締めました。
フィッシュ・アイを改めて見てみて、相変わらずかっわいいなと思いました…。可愛くて泣けます。精一杯の好きな気持ちを演技に込めて全力投球しました。
この作品の1ファンとして、携わらせていただけることが本当に幸せです。タイガース・アイ、ホークス・アイと共に、精一杯頑張っていますので、是非楽しみにしていてください!
僕のレムレスちゃんに…勝てるかしら?

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

BIM“Wink”

BIMの新作『NOT BUSY』より“Wink”の映像が公開。ゆるめに結んだネクタイは軽妙洒脱でも、背伸びはしない。どこか冴えない繰り返しのなかで<だって俺らの本番はきっとこれから>と、吹っ切れなさもそのままラップして次へ。BIMの現在進行形のかっこよさと人懐っこさがトレースされたようなGIFアニメが最高にチャーミング。(山元)

  1. Ken Yokoyama、個の力強さが問われる時代に示す音楽家の矜持 1

    Ken Yokoyama、個の力強さが問われる時代に示す音楽家の矜持

  2. 三浦春馬が日本の未来を切り開いた五代友厚役 映画『天外者』12月公開 2

    三浦春馬が日本の未来を切り開いた五代友厚役 映画『天外者』12月公開

  3. 相葉雅紀と松本潤が新聞の見開き広告で向かい合う オリジナル壁紙も 3

    相葉雅紀と松本潤が新聞の見開き広告で向かい合う オリジナル壁紙も

  4. 『保健教師アン・ウニョン』Netflixで配信。キャストや見どころ紹介 4

    『保健教師アン・ウニョン』Netflixで配信。キャストや見どころ紹介

  5. STUTSがマイクをとる 数々の音楽家から受けた刺激と経験を武器に 5

    STUTSがマイクをとる 数々の音楽家から受けた刺激と経験を武器に

  6. 機材で聴くヒップホップ。90年代の音を支えたSP-1200 6

    機材で聴くヒップホップ。90年代の音を支えたSP-1200

  7. 伊藤万理華が主演、青春SF映画『サマーフィルムにのって』2021年公開 7

    伊藤万理華が主演、青春SF映画『サマーフィルムにのって』2021年公開

  8. MONOEYES、新アルバム『Between the Black and Gray』本日リリース&PV公開 8

    MONOEYES、新アルバム『Between the Black and Gray』本日リリース&PV公開

  9. 安斉かれんというアーティスト。『M』で注目された21歳の真の顔 9

    安斉かれんというアーティスト。『M』で注目された21歳の真の顔

  10. Dos Monosからの挑戦状に、自由な発想で表現。リミックス座談会 10

    Dos Monosからの挑戦状に、自由な発想で表現。リミックス座談会