ニュース

三谷幸喜の舞台『大地(Social Distancing version)』大阪公演を配信

『PARCO劇場オープニング・シリーズ 大地 (Social Distancing version)』(撮影:阿部章仁)
『PARCO劇場オープニング・シリーズ 大地 (Social Distancing version)』(撮影:阿部章仁)

三谷幸喜作・演出の舞台『PARCO劇場オープニング・シリーズ 大地 (Social Distancing version)』が、8月22日と23日にPIA LIVE STREAM、Streaming+ by イープラスで配信される。

現在大阪・梅田のサンケイホールブリーゼで上演中の同作は、三谷幸喜が俳優への愛を込めて書き下ろした新作。新型コロナウイルス感染予防策のために客席の配席を見直し、演出面でも密閉・密集・密接の「三密」を避けた「Social Distancing Version」となっている。出演者は大泉洋、山本耕史、竜星涼、栗原英雄、藤井隆、濱田龍臣、小澤雄太、まりゑ、相島一之、浅野和之、辻萬長。

配信を行なうのは8月22日13:00と18:00、23日13:00の回の3公演。PIA LIVE STREAMの視聴チケットは8月15日12:00、Streaming+ by イープラスは8月17日18:00から販売される。

三谷幸喜のコメント

舞台上での俳優の濃厚接触を限りなく避け、俳優同士は常に距離を取って演技。
それによる不都合を不都合に終わらせずに、より豊かな演劇表現に昇華させる。それがSocial Distancing Version です。
要は、面白さのポイントがひとつ増えたとお考え下さい。

『PARCO劇場オープニング・シリーズ 大地 (Social Distancing version)』キャスト
『PARCO劇場オープニング・シリーズ 大地 (Social Distancing version)』キャスト
『PARCO劇場オープニング・シリーズ 大地 (Social Distancing version)』ビジュアル
『PARCO劇場オープニング・シリーズ 大地 (Social Distancing version)』ビジュアル
画像を拡大する(3枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

BIM“Wink”

BIMの新作『NOT BUSY』より“Wink”の映像が公開。ゆるめに結んだネクタイは軽妙洒脱でも、背伸びはしない。どこか冴えない繰り返しのなかで<だって俺らの本番はきっとこれから>と、吹っ切れなさもそのままラップして次へ。BIMの現在進行形のかっこよさと人懐っこさがトレースされたようなGIFアニメが最高にチャーミング。(山元)

  1. Ken Yokoyama、個の力強さが問われる時代に示す音楽家の矜持 1

    Ken Yokoyama、個の力強さが問われる時代に示す音楽家の矜持

  2. 三浦春馬が日本の未来を切り開いた五代友厚役 映画『天外者』12月公開 2

    三浦春馬が日本の未来を切り開いた五代友厚役 映画『天外者』12月公開

  3. 相葉雅紀と松本潤が新聞の見開き広告で向かい合う オリジナル壁紙も 3

    相葉雅紀と松本潤が新聞の見開き広告で向かい合う オリジナル壁紙も

  4. 『保健教師アン・ウニョン』Netflixで配信。キャストや見どころ紹介 4

    『保健教師アン・ウニョン』Netflixで配信。キャストや見どころ紹介

  5. STUTSがマイクをとる 数々の音楽家から受けた刺激と経験を武器に 5

    STUTSがマイクをとる 数々の音楽家から受けた刺激と経験を武器に

  6. 機材で聴くヒップホップ。90年代の音を支えたSP-1200 6

    機材で聴くヒップホップ。90年代の音を支えたSP-1200

  7. 伊藤万理華が主演、青春SF映画『サマーフィルムにのって』2021年公開 7

    伊藤万理華が主演、青春SF映画『サマーフィルムにのって』2021年公開

  8. MONOEYES、新アルバム『Between the Black and Gray』本日リリース&PV公開 8

    MONOEYES、新アルバム『Between the Black and Gray』本日リリース&PV公開

  9. 安斉かれんというアーティスト。『M』で注目された21歳の真の顔 9

    安斉かれんというアーティスト。『M』で注目された21歳の真の顔

  10. Dos Monosからの挑戦状に、自由な発想で表現。リミックス座談会 10

    Dos Monosからの挑戦状に、自由な発想で表現。リミックス座談会