菅田将暉×有村架純、坂元裕二脚本の映画『花束みたいな恋をした』続報発表

映画『花束みたいな恋をした』のあらすじと役名が発表された。

2021年に公開される同作は、ドラマ『東京ラブストーリー』『Mother』『最高の離婚』『Woman』『いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう』『カルテット』『anone』などを手掛けた脚本家の坂元裕二が書き下ろした恋愛映画。「2020年の東京」を舞台に、明大前駅で終電を逃したことから偶然に出会い、恋に落ちた21歳の大学生の山音麦と八谷絹が過ごす「最高の5年間」を描く。山音麦役を菅田将暉、八谷絹役を有村架純が演じる。

今回の発表とあわせて「超特報」と場面写真が公開。「何かが始まる予感がして、心臓が鳴った」という言葉から始まる「超特報」では、絹が麦を見つめる姿や、麦が絹の髪を乾かす様子、2人が布団の中で笑顔を浮かべるシーンなどが確認できる。場面写真にはトイレットペーパーを抱える麦と焼きそばパンを手にする絹が笑みを浮かべる様が写し出されている。

作品情報

『花束みたいな恋をした』

2021年全国公開
監督:土井裕泰 脚本:坂元裕二 出演: 菅田将暉 有村架純 配給:東京テアトル、リトルモア
  • HOME
  • Movie,Drama
  • 菅田将暉×有村架純、坂元裕二脚本の映画『花束みたいな恋をした』続報発表

Special Feature

メタ・サピエンス──デジタルとリアルが溶け合う世界を探究する

デジタルとリアルが融合する世界。世界はどう変化し、人々はどう進化するのだろうか?私たちはその進化した存在を「メタ・サピエンス」と名づけ、「Humanity - 人類の進化」「Life - 生活・文化の進化」「Society - 社会基盤の進化」の3つの視点からメタ・サピエンスの行動原理を探究していく。

詳しくみる

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて