ニュース

松岡茉優×三浦春馬『カネ恋』主題歌はMr.Childrenの新曲“turn over?”

Mr.Children
Mr.Children

ドラマ『おカネの切れ目が恋のはじまり』の主題歌、新たな出演者が発表された。

9月15日からTBSで放送開始する同作は、ドラマ『凪のお暇』の脚本を手掛けた大島里美の完全オリジナル作品。中堅おもちゃメーカー「モンキーパス」の経理部で働く「清貧女子」の九鬼玲子と、「モンキーパス」の御曹司で「浪費男子」の猿渡慶太が出会い、ひょんなことから玲子の実家に慶太が住み込むことになるというあらすじだ。玲子役に松岡茉優、慶太役に三浦春馬、玲子の初恋の相手である早乙女健役に三浦翔平、慶太の後輩・板垣純役に北村匠海がキャスティング。

主題歌はMr.Childrenの新曲“turn over?”。Mr.ChildrenがTBSの連続ドラマの主題歌を担当するのは、2004年の『オレンジデイズ』以来、約16年ぶりとなる。

新たな出演者は、星蘭ひとみ(宝塚歌劇団)、大友花恋、稲田直樹(アインシュタイン)、中村里帆、八木優希、河井ゆずる(アインシュタイン)、キムラ緑子、ファーストサマーウイカ、池田成志、南果歩、草刈正雄。

星蘭ひとみは慶太の元恋人・聖徳まりあ役、大友花恋は早乙女の秘書・牛島瑠璃役、稲田直樹は経理部員・猪ノ口保役、中村里帆は玲子の同僚・鮎川美月役、八木優希は慶太が妹のように可愛がる謎の女子高生・鮫島ひかり役、河井ゆずるは企画開発部の社員・鶴屋春人役、キムラ緑子は慶太を溺愛する母・猿渡菜々子役、ファーストサマーウイカは玲子の先輩・鴨志田芽衣子役、池田成志は経理部長・白兎吉明役、南果歩は民宿を営む玲子の母・九鬼サチ役、草刈正雄は「モンキーパス」の社長で慶太の父・猿渡富彦役を演じる。

同作は、バンダイの協力を得て、「モンキーパス」の正面玄関や社長室、カフェラウンジなどのロケ場所にバンダイの本社社屋を使用しているほか、玲子が特別な思い入れを持つおもちゃ「モンキーサーブ」をドラマのためバンダイが開発。さらにGROOVE Xが制作、販売している家族型ロボット「LOVOT」とのタイアップとして、猿の耳を付けたおもちゃ「サルー」が登場する。

東仲恵吾プロデューサーのコメント

『カネ恋』の世界を一緒に作り上げてくれる素敵な仲間たちが発表されました。
ドラマの中で、こんなセリフがあります。
「完璧な人よりも少しぐらいほころびあったほうが人間らしくて素敵です」
『カネ恋』の登場人物は皆、“ほころび”だらけの人たちです。でも、ほころこびがあるからこそ出てくる魅力を、そして人間らしくてチャーミングな部分を見事に表現してくれています。十人十色の“ほころび”を見て、“こういう人いるな”とか、“自分はこの人みたいだ”とか、くすくす笑ったり、共感してもらいながら、ご覧いただけると思います。
そして、おもちゃ会社という設定の中で、バンダイさん、そしてLOVOTの本物のクリエイターの方が、“本物”の世界を提供してくれました。物語でかなり重要な意味を持つ“癒される”おもちゃたちにもぜひご注目ください。
さらに、主題歌は、Mr.Childrenが楽曲を提供してくれました。玲子と慶太の恋愛、そして二人がちょっとずつ成長していく様に寄り添い、後押しをしてくれる曲はMr.Childrenしかいないと思い、まだ何もない段階で先走ってオファーし、快諾してもらいました。最初に曲を聞いた時、その尊さに心が震えました。爽やかで前向きな曲なのに、涙が出てくる。人と人との出会いの愛おしさ、人を想う気持ちを桜井さんが切なくも力強く歌い上げている、まさに“究極の愛の歌”でした。
この最高の仲間たちと共に、『カネ恋』の面白くもかわいらしい世界を、最後まで全員で懸命に作り上げていきますので、どうぞよろしくお願いいたします。

『おカネの切れ目が恋のはじまり』ロゴ
『おカネの切れ目が恋のはじまり』ロゴ
画像を拡大する(2枚)

記事の感想をお聞かせください

知らなかったテーマ、ゲストに対して、新たな発見や感動を得ることはできましたか?

得られなかった 得られた

回答を選択してください

ご協力ありがとうございました。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

あらかじめ決められた恋人たちへ“日々feat.アフロ”

何かを我慢することに慣れすぎて忘れてしまいそうになっている「感情」を、たった10分でこじ開けてしまう魔法のようなミュージックビデオ。現在地を確かめながらも、徐々に感情を回転させていくアフロの言葉とあら恋の音。人を傷つけるのではなく、慈しみ輝かせるためのエモーションが天井知らずの勢いで駆け上がっていった先に待ち構えている景色が、普段とは違ったものに見える。これが芸術の力だと言わんばかりに、潔く堂々と振り切っていて気持ちがいい。柴田剛監督のもと、タイコウクニヨシの写真と佐伯龍蔵の映像にも注目。(柏井)

  1. THE SPELLBOUNDがライブで示した、2人の新しいロックバンド像 1

    THE SPELLBOUNDがライブで示した、2人の新しいロックバンド像

  2. 中村佳穂が語る『竜とそばかすの姫』 シェアされ伝播する歌の姿 2

    中村佳穂が語る『竜とそばかすの姫』 シェアされ伝播する歌の姿

  3. 『プロミシング・ヤング・ウーマン』が映し出す、「女性の現実」 3

    『プロミシング・ヤング・ウーマン』が映し出す、「女性の現実」

  4. ジム・ジャームッシュ特集が延長上映 『パターソン』マーヴィンTシャツも 4

    ジム・ジャームッシュ特集が延長上映 『パターソン』マーヴィンTシャツも

  5. A_oから青い心を持つ全ての人へ 自由に、自分の力で生きること 5

    A_oから青い心を持つ全ての人へ 自由に、自分の力で生きること

  6. 地下から漏れ出すアカデミックかつ凶暴な音 SMTKが4人全員で語る 6

    地下から漏れ出すアカデミックかつ凶暴な音 SMTKが4人全員で語る

  7. 林遣都×小松菜奈『恋する寄生虫』に井浦新、石橋凌が出演 特報2種到着 7

    林遣都×小松菜奈『恋する寄生虫』に井浦新、石橋凌が出演 特報2種到着

  8. 『暗やみの色』で谷川俊太郎、レイ・ハラカミらは何を見せたのか 8

    『暗やみの色』で谷川俊太郎、レイ・ハラカミらは何を見せたのか

  9. ギャスパー・ノエ×モニカ・ベルッチ『アレックス STRAIGHT CUT』10月公開 9

    ギャスパー・ノエ×モニカ・ベルッチ『アレックス STRAIGHT CUT』10月公開

  10. 『ジョーカー』はなぜ無視できない作品なのか?賛否の議論を考察 10

    『ジョーカー』はなぜ無視できない作品なのか?賛否の議論を考察