ラブホテル訪れる人々の人間模様 波瑠主演の映画『ホテルローヤル』予告編

武正晴監督の映画『ホテルローヤル』の予告編が公開された。

11月13日から公開される同作は2013年に『第149回直木三十五賞』を受賞し、累計発行部数85万部を突破した桜木紫乃の小説『ホテルローヤル』を実写映画化したもの。ホテルの経営者家族の1人娘・雅代を主軸に、閉塞感のある日常を離れて「ホテルローヤル」の扉を開く男性と女性、問題を抱える経営者家族や従業員らの人生模様を描く。雅代役に波瑠がキャスティング。

そのほかのキャストは、松山ケンイチ、安田顕、夏川結衣、稲葉友、余貴美子、原扶貴子、伊藤沙莉、岡山天音、正名僕蔵、内田慈、冨手麻妙、丞威ら。

松山ケンイチは雅代が恋心を抱く「えっち屋」ことアダルトグッズ会社の営業・宮川聡史役、安田顕はホテルローヤルの経営者で雅代の父親・田中大吉役、夏川結衣は雅代の母親・るり子役、稲葉友はるり子と駆け落ちをする青年役、余貴美子と原扶貴子はホテルローヤルのパートタイム従業員役、伊藤沙莉は親に見捨てられた女子高生役、岡山天音は妻の浮気に耐える高校教師役、正名僕蔵と内田慈は姑との同居でなかなか肌を合わせる時間がない夫婦役、冨手麻妙と丞威は投稿用のヌード写真の撮影をするカップル役をそれぞれ演じる。

予告編では、跡取りとして家業のホテルローヤルを手伝う雅代の姿や、子育てと親の介護に追われる夫婦が湯船で肩を抱き合うシーン、行き場を失った女子高生と妻に裏切られた高校教師がホテルで話す様子、「ずっと嫌だった。ラブホの娘ってからかわれて。巻き込まないでよ!」「セックスって、いいものですか?」という雅代のセリフ、ホテルの一室で心中事件が起き、マスコミに囲まれる雅代の様子など確認できる。

作品情報

『ホテルローヤル』

2020年11月13日(金)からTOHOシネマズ 日比谷ほか全国で公開
監督:武正晴 脚本:清水友佳子 音楽:富貴晴美 主題歌:Leola“白いページの中に” 原作:桜木紫乃『ホテルローヤル』(集英社文庫) 出演: 波瑠 松山ケンイチ 余貴美子 原扶貴子 伊藤沙莉 岡山天音 正名僕蔵 内田慈 冨手麻妙 丞威 稲葉友 斎藤歩 友近 夏川結衣 安田顕 配給:ファントム・フィルム
  • HOME
  • Movie,Drama
  • ラブホテル訪れる人々の人間模様 波瑠主演の映画『ホテルローヤル』予告編

Special Feature

Habitable World──これからの「文化的な生活」

気候変動や環境破壊の進行によって、人間の暮らしや生態系が脅威に晒されているなか、これからの「文化的な生活」のあり方とはどういうものなのだろうか?
すでに行動している人々に学びながら、これからの暮らしを考える。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて