劇団鹿殺し「再起動」宣言 クラウドファンディング始動&11月に劇団公演

劇団鹿殺しが「再起動」を宣言。本日8月21日にクラウドファンディングがスタートした。

今年に活動19年目を迎える劇団鹿殺し。演劇をはじめとするライブによる芸術、娯楽の存在意義が問われているコロナ禍において演劇活動、劇団活動を「再起動」し、11月には昨年12月の『傷だらけのカバディ』ぶりとなる劇団公演を行なう。詳細は9月中旬に発表予定。

クラウドファンディングは劇団公演と、劇団運営のために実施。リターンには、パンクドランカーズとのコラボ長袖Tシャツ「ニンゲンイズサイキョー」や、ファンミーティング、メンバー乾杯会見学、稽古場見学といったリモート特別体験イベント、丸尾丸一郎(劇団鹿殺し)の処女作『六甲鹿殺し』の戯曲とリーディング公演DVDなどが用意される。

今回の発表とあわせて菜月チョビ(劇団鹿殺し)、丸尾丸一郎のコメントが到着。

菜月チョビ(劇団鹿殺し)のコメント

会えない時間が続いておりますが、皆さんいかがお過ごしでしょうか。
心配の絶えない夏ですが、お元気だったら幸いです。
2020年初春から日本での新型コロナ感染症の拡大が深刻化していく中、演劇を始めとするライブによる芸術・娯楽の存在意義が問われてきました。
私にとっても、劇団鹿殺しメンバーにとっても、演劇・劇団の存在意義、自分と劇団との繋がりを再確認していく時間が突然どっさり出来ました。
気づけば劇団活動の半分を「劇団員が居やすい劇団であるように」って事が占めていて、「みんなどう思うだろう」「辞めたくなったりしないかな」と変に気遣う時間が増えていました。
「誰になんと言われようと好きな作品を作る場所」として旗揚げしたはずの劇団なのに。
しかもその気遣いはもちろん全員の望みと合致出来るわけでもなく。迷いと寂しさだけが増える一方でした。
沢山考えて、これだけの人間が居て心を繋ぎ合わせられるのは結局のところ、この人・この場所で作品を作りたいという各自の望みの強さでしかないと気がつきました。
誰かが用意した居やすさなんかでは劇団活動のハードさや残酷さは折り合いがつけられるものじゃ無い。
「どうしてもここがいい」私にとってもそう思える場所であるために、劇団をよりシンプルでわがままな場所にしたい。その場所を求めるメンバーと再起動したい。
そんな思いの宣言です。これは劇団にとっては劇薬で、下手すりゃ全員辞めちゃうかもな、と震えました。
でも旗揚げ当初は毎公演全員辞めてたんだし、と覚悟を決めて、メンバーにぶつけてみたのです。
演劇の存在が当たり前で居られなくなってきた今、「劇団鹿殺し」の存在を一緒に叫ぶ仲間と、19年間にとらわれない活動を始められることにワクワクしています。
楽しみにしてくださる方がいるのなら、とんでもなく幸せです。
(注:あれこれ弱気な事を書いておりますが、あくまで劇団活動のお話で、これまでも作品作りに遠慮・迷いはございませんでしたので悪しからず!...早替え見てれば分かるか...。)

丸尾丸一郎(劇団鹿殺し)のコメント

19年間、劇団で夢を叶えることだけを考えてきました。関西で旗揚げし、東京へ上京、劇団員での共同生活、株式会社オフィス鹿の設立、憧れだった本多劇場やサンシャイン劇場での公演、ただ我武者羅に走り続けてきました。しかし、新型コロナの影響でふと立ち止まった時、自分が傷だらけなことに気付きました。
演劇を観るのも嫌になっていました。一体、何を目指していたんだろう?何処へ行きたかったんだろう?演劇をやっていた理由は?19年間、大勢の人を傷つけ、自分自身が傷つきながらも目指していた道が信じられなくなりました。
劇団鹿殺しは解散しません。20年、30年、50年と続けたいと思っています。ただ本来のあるべき姿、仲間たちと楽しんで演劇を作る集団に生まれ変わりたいのです。劇団員たちとも面談しました。
「もう一度、劇団を選ぶとしたら劇団鹿殺しに入団しますか?」この場所が本当に必要な人たちと、新しい絆を築きながら、また演劇の道に精進したいと思います。

  • HOME
  • Stage
  • 劇団鹿殺し「再起動」宣言 クラウドファンディング始動&11月に劇団公演

Special Feature

メタ・サピエンス──デジタルとリアルが溶け合う世界を探究する

デジタルとリアルが融合する世界。世界はどう変化し、人々はどう進化するのだろうか?私たちはその進化した存在を「メタ・サピエンス」と名づけ、「Humanity - 人類の進化」「Life - 生活・文化の進化」「Society - 社会基盤の進化」の3つの視点からメタ・サピエンスの行動原理を探究していく。

詳しくみる

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて