ニュース

中国アニメ『羅小黒戦記』日本語吹替版に花澤香菜、宮野真守、櫻井孝宏

劇場アニメ『羅小黒戦記』の日本語吹替版『羅小黒戦記 ぼくが選ぶ未来』が11月7日から全国公開される。

同作は、中国の漫画家、アニメ監督のMTJJ、寒木春華(HMCH)スタジオが制作したアニメ作品。人間たちの自然破壊により居場所を失った黒猫の妖精シャオヘイ、植物を自在に操る妖精フーシーらが新たな居場所を見つけるために旅立つというあらすじだ。2011年にウェブアニメシリーズが動画サイトで公開された後、劇場版が制作され、中国国内での興行収入は約48億円を記録。日本国内では昨年に字幕版が公開された。

今回の発表とあわせて、中国の制作スタジオが描き下ろしたティザービジュアル、特報、第1弾キャストが公開。シャオヘイ役を花澤香菜、フーシー役を櫻井孝宏、人間でありながら最強の執行人ムゲン役を宮野真守が演じる。日本語吹替版の制作はアニプレックス。音響監督は岩浪美和が務める。9月5日にはシャオヘイのアクリルストラップが特典として付属する前売券の販売がスタート。

花澤香菜のコメント

シャオヘイはネコと子供の可愛さを持ち合わせたキャラクターです。だから、両方の要素を取り入れて、可愛く! 純粋に! という点を意識して演じました。
物語の最初でシャオへイは、それまで住んでいた場所を追われてしまいます。それが彼の成長の始まりです。自分にとって味方とは? 敵とは? ということを自分なりに判断して生きようとします。しかも価値観がひっくり返えるような体験もします。
でもそういう状況を通じて、シャオヘイは迷いながらも、逞しくなっていきます。
だからこそシャオヘイが強い意志を持って戦うシーンはとても印象的です。戦闘シーンのダイナミックさは、この作品の魅力ですが、いつもはかわいらしいシャオヘイが勇ましく戦う時の表情や演出は必見です。息苦しい生活が続く中ですが、劇場で大冒険ができる素敵な機会だと思います。
お楽しみに!!!

宮野真守のコメント

この作品の繊細な表現、大胆なアクション、丁寧なアニメーションの演出にまず引き込まれました。
作中では、自然の中に暮らす妖精と人間は複雑な関係にあります。どちらにもよいところと悪いところがあり、そこに対立が生まれてしまう。では、対立しないようにするにはどうすればいいか。とても普遍的なテーマを扱っている作品でもあります。
ムゲンは、人間でありながら妖精の世界に関わる人物です。人間と妖精の間に立とうとする、彼の「立場」を意識して演じました。「立場」を通じて彼の信念が見えてくるところに魅力があります。そして、映画ではムゲンだけでなく、いろいろなキャラクターがシャオヘイと出会います。そして何にも染まっていないシャオヘイと出会うことで、それぞれが持っているものが見えてきます。
豪華なキャストが参加する作品の中に加わることができてとてもうれしいです。是非、劇場でぜひ楽しんでください。

櫻井孝宏のコメント

フーシーはとても共感できるキャラクターでした。彼の行動は正しいとはいえないのかもしれません。でも、彼の中には“大義”と呼べるものがありますし、「きれいごとだけでは世の中は変えられない」という方向に心が傾いていく心情もよくわかります。彼はただ、その先にある光に一生懸命手を伸ばしただけなんです。だから悪役っぽい表現にならないよう意識しました。ムゲンと戦う時は、正面から勝ちにいきました。シャオヘイがムゲンとフーシーという、光と影のような二人に出会ったことに意味があるのだと思います。
この作品は、アクションが巧みにストーリーの中に織り込まれています。シンプルだけれど本質的なメッセージ性が込められたこの作品を、今、楽しむことができるというのはなかなか得難い体験だと思います。自分自身。この作品と出会って自分の原点を再確認することができました。映画館の大きなスクリーンで見ていただければと思います。

中山信宏(アニプレックス)のコメント

この作品を初めて知ったのは、Twitter上のとあるクリエイターの方の投稿からでした。そこからTwitter上でこの作品に対する熱量のある数多くの投稿を見ることが多くなったある日、社内のある人間から「すごい作品があるんです、是非見てください」と言われ、そこで自分でも作品を観て、正直に、「これは凄い作品だ」と思いました。中国で製作されていながら、どこの国にも通じる純粋に面白い物語だと思いましたし、画面にこめられたクリエイターの熱量には、アニメーション製作に関わる者として、ある意味、嫉妬をするほどでした。そしてそんな気持ちを超えて、この作品のファンになった者として、日本語版を作ることで、より多くの人にこの作品の面白さ、素晴らしさが伝えられるのではないかと思い、今回の企画を進めました。
花澤さんをはじめとした実力派声優の演技、また岩浪音響監督のディレクションなど、多数の方のご協力によって、吹替版ならではの新たな魅力の追加された『ロシャオヘイセンキ』を完成させることができました。是非劇場でご覧いただけますと幸いです。

ちなみに今この吹替版制作のアシスタントを務めているのは、社内で私にこの作品を薦めてくれた者です。権利許諾など、彼が率先して動いてくれたおかげで、この吹替版を制作することができました。これもまた『ロシャオヘイセンキ』という作品が持つ魅力に魅了された者の熱量によってなしえたものだと思います。

『羅小黒戦記 ぼくが選ぶ未来』ティザービジュアル ©Beijing HMCH Anime Co.,Ltd
『羅小黒戦記 ぼくが選ぶ未来』ティザービジュアル ©Beijing HMCH Anime Co.,Ltd
『羅小黒戦記 ぼくが選ぶ未来』 ©Beijing HMCH Anime Co.,Ltd
『羅小黒戦記 ぼくが選ぶ未来』 ©Beijing HMCH Anime Co.,Ltd
『羅小黒戦記 ぼくが選ぶ未来』 ©Beijing HMCH Anime Co.,Ltd
『羅小黒戦記 ぼくが選ぶ未来』 ©Beijing HMCH Anime Co.,Ltd
『羅小黒戦記 ぼくが選ぶ未来』 ©Beijing HMCH Anime Co.,Ltd
『羅小黒戦記 ぼくが選ぶ未来』 ©Beijing HMCH Anime Co.,Ltd
『羅小黒戦記 ぼくが選ぶ未来』 ©Beijing HMCH Anime Co.,Ltd
『羅小黒戦記 ぼくが選ぶ未来』 ©Beijing HMCH Anime Co.,Ltd
『羅小黒戦記 ぼくが選ぶ未来』前売券 ©Beijing HMCH Anime Co.,Ltd
『羅小黒戦記 ぼくが選ぶ未来』前売券 ©Beijing HMCH Anime Co.,Ltd
画像を拡大する(6枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

岩井勇気(ハライチ)『ひねくれとか言われても俺はただ自分が進みたい道を選んでるだけ』

ドリームマッチでの『醤油の魔人 塩の魔人』、ラジオで突如披露した推しキャラケロッピをテーマにしたEDM調楽曲『ダメダメケロッピ』など、音楽的な才能に注目が集まる岩井勇気。今回はミツカン「こなべっち」とタッグを組み、自らがマイクを取ってラップに挑戦。しかもこの動画、岩井がこれまでラジオや書籍の中で言及してきた、珪藻土のバスマットや、海苔、メゾネットタイプの部屋、クラウス・ノミなどのネタが詰まっていて、まさか岩井さんの自宅なのでは……? と隅々まで見てしまう。つぎはぜひ、自作のトラックとリリックによる曲が披露されることを待っています。(川浦)

  1. 映画『82年生まれ、キム・ジヨン』が突きつける、社会に深く根づく性差別 1

    映画『82年生まれ、キム・ジヨン』が突きつける、社会に深く根づく性差別

  2. 横浜流星が「つらいかぜ」を打ち砕く プレコールの新CM「闘い続ける」篇 2

    横浜流星が「つらいかぜ」を打ち砕く プレコールの新CM「闘い続ける」篇

  3. ジョン・レノンが時代に残す闘いの爪痕、ヨーコがもたらしたもの 3

    ジョン・レノンが時代に残す闘いの爪痕、ヨーコがもたらしたもの

  4. 木村拓哉を操上和美が撮影『SWITCH』原宿特集に小泉今日子、池田エライザら 4

    木村拓哉を操上和美が撮影『SWITCH』原宿特集に小泉今日子、池田エライザら

  5. King Gnu井口理が獣医師役 野村不動産「プラウド」ブランドムービーが公開 5

    King Gnu井口理が獣医師役 野村不動産「プラウド」ブランドムービーが公開

  6. 高橋一生主演×荒木飛呂彦原作ドラマ『岸辺露伴は動かない』12月NHKで放送 6

    高橋一生主演×荒木飛呂彦原作ドラマ『岸辺露伴は動かない』12月NHKで放送

  7. カルティエの新作キャンペーンに常田大希、池田エライザ、野田洋次郎ら起用 7

    カルティエの新作キャンペーンに常田大希、池田エライザ、野田洋次郎ら起用

  8. 大滝詠一『A LONG VACATION』40周年記念盤が全音楽記録媒体でリリース 8

    大滝詠一『A LONG VACATION』40周年記念盤が全音楽記録媒体でリリース

  9. YOASOBIがGoogle PixelのCMソングを担当 新曲“アンコール”を起用 9

    YOASOBIがGoogle PixelのCMソングを担当 新曲“アンコール”を起用

  10. スピッツ、全着席のコンサートを11月に東京ガーデンシアターで開催 10

    スピッツ、全着席のコンサートを11月に東京ガーデンシアターで開催