ニュース

藤巻亮太『Mt.FUJIMAKI 2020』開催中止を発表

野外音楽イベント『Mt.FUJIMAKI 2020』の開催中止が発表された。

藤巻亮太がオーガナイザーを務める『Mt. FUJIMAKI』。今年は10月3日に山梨・山中湖交流プラザ きららで実施される予定だったが、新型コロナウイルス感染拡大の状況下において、来場者、出演者、スタッフを安全な体制で迎えることは難しいという判断に至ったとのこと。チケットの払い戻しに関してはイベントのオフィシャルサイトで発表される。

藤巻亮太のコメント

「Mt.FUJIMAKI 2020」の開催を断念させて頂く事と致しました。
現在、世界中に蔓延している新型コロナウイルスの影響を受け、私の故郷・山梨県で、今年の「Mt.FUJIMAKI 2020」をどうすれば現地開催できるのか、関係する各種公共団体に問い合わせの上、スタッフと慎重に検討を重ねてきました。
コロナ災禍の中、人々を勇気づける音楽をお届けしたい。こんな時だからこそ、山梨の雄大な自然に囲まれ、富士山を臨む山中湖畔にて「Mt.FUJIMAKI 2020」を開催することを通じ、わずかであっても、皆さんの気持ちに光を灯してくれるのではないか。そんな想いで、皆さんの健康と安全を確保して現地開催できる方法を模索してきました。
しかし、未知の状況の中、「Mt.FUJIMAKI」にご来場頂く多くの方々、故郷・山梨県の地元住民の皆さん、全ての方にとって安心・安全な環境を作り出すことは難しく、感染拡大のリスクにさらしてしまう可能性がある以上は開催を断念するべきだとの判断を致しました。ご来場者の皆さんや応援してくださる地元の皆さんと、気兼ねなく笑顔と熱狂をわかちあえる、そんな空間でなければ「Mt.FUJIMAKI」とは言えないと思うのです。
出演をご快諾してくださったアーティストの皆さん、そして、楽しみに待ってくださっていた皆さん、申し訳ございません。このような結論に至ったことをどうかご理解いただけたら幸いです。
「Mt.FUJIMAKI」の光は決して絶やしません。この苦渋の判断がいつか報われる日が来ることを信じています。その時は最高の笑顔と熱狂で盛り上がりましょう。そして、どうかその日まで皆さんも共に生き抜きましょう。一日でも早くこの困難を乗り越え、平穏な日常が取り戻せることを願っています。

『Mt.FUJIMAKI 2020』主催者のコメント

平素より「Mt.FUJIMAKI」を応援して頂きまして、誠に有難うございます。
2020年10月3日(土)に、開催を予定しておりました「Mt.FUJIMAKI 2020」ですが、開催を断念する事と致しました。
新型コロナウイルス感染拡大の状況下において、現地会場での実施を目指し、関係各所と調整を進めて参りましたが、現在の状況を鑑み、お客様および関係するすべての出演者、スタッフを安心・安全な体制でお迎えすることは難しいとの判断に至りました。
楽しみにしてくださっていたお客様、開催に向けて尽力を頂いていた関係者の皆様へ、深くお詫び申し上げます。
尚、チケットの払い戻しにつきましては、オフィシャルサイトの払い戻しページに掲載致します。
来年は皆様と笑顔でお会いできますよう、万全の体制を整えての開催を目指します。
今後とも「Mt.FUJIMAKI」をどうかよろしくお願い申し上げます。
一日も早い事態の収束を心よりお祈り申し上げます。

『Mt.FUJIMAKI 2020』ロゴ
『Mt.FUJIMAKI 2020』ロゴ
『Mt.FUJIMAKI 2019』 photo by kojikobayashi
『Mt.FUJIMAKI 2019』 photo by kojikobayashi
画像を拡大する(2枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

あらかじめ決められた恋人たちへ“日々feat.アフロ”

何かを我慢することに慣れすぎて忘れてしまいそうになっている「感情」を、たった10分でこじ開けてしまう魔法のようなミュージックビデオ。現在地を確かめながらも、徐々に感情を回転させていくアフロの言葉とあら恋の音。人を傷つけるのではなく、慈しみ輝かせるためのエモーションが天井知らずの勢いで駆け上がっていった先に待ち構えている景色が、普段とは違ったものに見える。これが芸術の力だと言わんばかりに、潔く堂々と振り切っていて気持ちがいい。柴田剛監督のもと、タイコウクニヨシの写真と佐伯龍蔵の映像にも注目。(柏井)

  1. 2003年生まれのLAUSBUBが語る 人生を変えたテクノとの出会い 1

    2003年生まれのLAUSBUBが語る 人生を変えたテクノとの出会い

  2. アニメと共振するテン年代のUSラッパーたち。響き合う作品世界 2

    アニメと共振するテン年代のUSラッパーたち。響き合う作品世界

  3. B'zが松本隆トリビュートアルバムで“セクシャルバイオレットNo.1”カバー 3

    B'zが松本隆トリビュートアルバムで“セクシャルバイオレットNo.1”カバー

  4. 窪塚洋介×太田信吾 肛門へ射し込む希望の光。健康と生活を考える 4

    窪塚洋介×太田信吾 肛門へ射し込む希望の光。健康と生活を考える

  5. Adoが歌唱出演 タマホーム新CM「ハッピーソング Ado篇」放送開始 5

    Adoが歌唱出演 タマホーム新CM「ハッピーソング Ado篇」放送開始

  6. 中川政七商店と隈研吾がコラボ 『Kuma to Shika』全10アイテム限定販売 6

    中川政七商店と隈研吾がコラボ 『Kuma to Shika』全10アイテム限定販売

  7. レイ・ハラカミ没後10年 プラネタリウム作品『暗やみの色』を再上映 7

    レイ・ハラカミ没後10年 プラネタリウム作品『暗やみの色』を再上映

  8. YOASOBI×ユニクロ「UT」のコラボTシャツが7月販売 無料配信ライブも 8

    YOASOBI×ユニクロ「UT」のコラボTシャツが7月販売 無料配信ライブも

  9. ヒップホップ・南米音楽との融合『NOMAD メガロボクス2』 9

    ヒップホップ・南米音楽との融合『NOMAD メガロボクス2』

  10. 黒人ゲイ男性として生きる人々描く記録映画『タンズ アンタイド』無料配信 10

    黒人ゲイ男性として生きる人々描く記録映画『タンズ アンタイド』無料配信