ニュース

千葉雄大、杉咲花がX・ドラン『マティアス&マキシム』に言葉を寄せる

千葉雄大、杉咲花が映画『マティアス&マキシム』に寄稿した「ポエム」を使用したポスタービジュアルが公開された。あわせて著名人コメントが到着している。

『第72回カンヌ国際映画祭』コンペティション部門に出品された『マティアス&マキシム』は、グザヴィエ・ドラン監督が『君の名前で僕を呼んで』に感銘を受けてメガホンを取ったという作品。30歳で幼なじみのマティアスとマキシムが、友人が撮る短編映画で男性同士のキスシーンを演じたことをきっかけに、秘めていた互いへの気持ちに気づき始めるというあらすじだ。『トム・アット・ザ・ファーム』以来、約6年ぶりにドラン監督が役者として自身の作品に出演しているほか、ガブリエル・ダルメイダ・フレイタス、ピア・リュック・ファンク、ハリス・ディキンソン、アンヌ・ドルヴァルらが出演。9月25日から公開される。

杉咲花は以前からグザヴィエ・ドラン監督の作品にコメントを寄せており、千葉雄大はインタビューや自身のSNSを通してグザヴィエ・ドラン監督について話していた。「ポエム」が掲載されたポスターのビジュアルは大島依提亜が手掛けた。

今回コメントを寄せたのは、唯川恵、江國香織、魚喃キリコ、山戸結希、倉橋トモ。

唯川恵のコメント

躊躇いと衝動、戸惑いと情熱。その狭間で心がかき乱れる。だって、それが恋だから。

江國香織のコメント

名づけ得ない感情が、名づけられないまま息づいた、繊細で情感豊かな映画。
言葉の奔流も愉しい。泳いだり走ったり殴ったり殴られたり、若い人たちは大変(なのにうらやましくなった)。

魚喃キリコのコメント

こんなに熱のあるキスシーンを見たことがない。

山戸結希のコメント

カットバックは義務、ツーショットは権利。
登場人物たちは皆、距離を表現し続ける。
ツーショットが許されるのは、
この世界にただ二人だけ。

倉橋トモのコメント

仲間達と冗談を言い合うその隣でひっそりと芽生えてしまった二人の秘密の感情、その行方にヒリヒリしました。
たがが外れたように求め合うシーンは美しく、胸が熱くなります!

『マティアス&マキシム』千葉雄大のポエムポスタービジュアル ©2019 9375-5809 QUÉBEC INC a subsidiary of SONS OF MANUAL
『マティアス&マキシム』千葉雄大のポエムポスタービジュアル ©2019 9375-5809 QUÉBEC INC a subsidiary of SONS OF MANUAL
『マティアス&マキシム』杉咲花のポエムポスタービジュアル ©2019 9375-5809 QUÉBEC INC a subsidiary of SONS OF MANUAL
『マティアス&マキシム』杉咲花のポエムポスタービジュアル ©2019 9375-5809 QUÉBEC INC a subsidiary of SONS OF MANUAL
『マティアス&マキシム』ビジュアル ©2019 9375-5809 QUÉBEC INC a subsidiary of SONS OF MANUAL
『マティアス&マキシム』ビジュアル ©2019 9375-5809 QUÉBEC INC a subsidiary of SONS OF MANUAL
画像を拡大する(3枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

あらかじめ決められた恋人たちへ“日々feat.アフロ”

何かを我慢することに慣れすぎて忘れてしまいそうになっている「感情」を、たった10分でこじ開けてしまう魔法のようなミュージックビデオ。現在地を確かめながらも、徐々に感情を回転させていくアフロの言葉とあら恋の音。人を傷つけるのではなく、慈しみ輝かせるためのエモーションが天井知らずの勢いで駆け上がっていった先に待ち構えている景色が、普段とは違ったものに見える。これが芸術の力だと言わんばかりに、潔く堂々と振り切っていて気持ちがいい。柴田剛監督のもと、タイコウクニヨシの写真と佐伯龍蔵の映像にも注目。(柏井)

  1. ボカロ文化の歴史を次世代に繋ぐ試み 『プロジェクトセカイ』鼎談 1

    ボカロ文化の歴史を次世代に繋ぐ試み 『プロジェクトセカイ』鼎談

  2. Honda新型VEZELのCMに井浦新、玉城ティナ、Licaxxxら 楽曲は藤井 風が担当 2

    Honda新型VEZELのCMに井浦新、玉城ティナ、Licaxxxら 楽曲は藤井 風が担当

  3. 『森、道、市場』第2弾で石野卓球、君島大空、パ音、TENDRE、クラムボンら 3

    『森、道、市場』第2弾で石野卓球、君島大空、パ音、TENDRE、クラムボンら

  4. 歌を絶やさぬように 久保田麻琴が探る「日本のうた」の過去と未来 4

    歌を絶やさぬように 久保田麻琴が探る「日本のうた」の過去と未来

  5. 新垣結衣、H&Mの2021GWキャンペーン「LET'S CHANGE」アンバサダーに就任 5

    新垣結衣、H&Mの2021GWキャンペーン「LET'S CHANGE」アンバサダーに就任

  6. ジョニー・デップ製作・主演の映画『MINAMATA』9月公開 音楽は坂本龍一 6

    ジョニー・デップ製作・主演の映画『MINAMATA』9月公開 音楽は坂本龍一

  7. 米津玄師の新シングル『Pale Blue』6月発売 ドラマ『リコカツ』主題歌収録 7

    米津玄師の新シングル『Pale Blue』6月発売 ドラマ『リコカツ』主題歌収録

  8. ドキュメンタリー『映画:フィッシュマンズ』出演者発表&ティザー予告到着 8

    ドキュメンタリー『映画:フィッシュマンズ』出演者発表&ティザー予告到着

  9. 『アメリカン・ユートピア』にいとうせいこう、オダギリジョーら35組が賛辞 9

    『アメリカン・ユートピア』にいとうせいこう、オダギリジョーら35組が賛辞

  10. カネコアヤノの選択。嘘のない歌は、信じる人を抱きしめるために 10

    カネコアヤノの選択。嘘のない歌は、信じる人を抱きしめるために