クリストファー・ノーラン監督『TENET』10分間のメイキング映像公開

クリストファー・ノーラン監督の新作映画『TENET テネット』のメイキング映像が公開された。

7か国を舞台にIMAXカメラで撮影された『TENET テネット』は、クリストファー・ノーラン監督にとって2014年公開の『インターステラー』以来のオリジナル脚本作品。「現在から未来に進む<時間のルール>から脱出すること」を課せられた主人公・名もなき男が、時間に隠された秘密を解き明かし、第3次世界大戦を止めるミッションに巻き込まれていく姿を描く。主演を『ブラック・クランズマン』のジョン・デビッド・ワシントンが務めるほか、主人公の相棒とされる人物をロバート・パティンソンが演じる。現在公開中。

約10分間のメイキング映像は、ジョン・デビッド・ワシントン、ロバート・パティンソン、ケネス・ブラナーらキャスト陣、製作のエマ・トーマス、撮影監督のホイテ・ヴァン・ホイテマらが撮影現場を振り返るもの。7か国にわたるロケの模様や、飛行機を実際に建物に激突させる場面、時間逆行のアクションシーンなどが映し出されている。なお同作のVFXショット数は300未満で、ノーラン監督自身は「だいたいのラブコメ映画よりも少ない」とコメント。

作品情報

『TENET テネット』

2020年9月18日(金)から全国公開
監督・脚本:クリストファー・ノーラン 出演: ジョン・デイビッド・ワシントン ロバート・パティンソン エリザベス・デビッキ ディンプル・カパディア アーロン・テイラー=ジョンソン クレマンス・ポエジー マイケル・ケイン ケネス・ブラナー 配給:ワーナー・ブラザース映画
  • HOME
  • Movie,Drama
  • クリストファー・ノーラン監督『TENET』10分間のメイキング映像公開

Special Feature

メタ・サピエンス──デジタルとリアルが溶け合う世界を探究する

デジタルとリアルが融合する世界。世界はどう変化し、人々はどう進化するのだろうか?私たちはその進化した存在を「メタ・サピエンス」と名づけ、「Humanity - 人類の進化」「Life - 生活・文化の進化」「Society - 社会基盤の進化」の3つの視点からメタ・サピエンスの行動原理を探究していく。

詳しくみる

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて