ニュース

吉沢亮の主演映画『AWAKE』に犬童一心、森直人、山下敦弘、山本さほら賛辞

映画『AWAKE』の公開日が12月25日に決定。ポスタービジュアルと著名人コメントが到着した。

同作は、河瀨直美を審査員長に迎えて2017年に発表された『第1回木下グループ新人監督賞』のグランプリ作品。2015年に実際に行なわれた棋士とコンピューターの対局から着想を得て、監督の山田篤宏が書き下ろしたオリジナルストーリーとなる。天才に敗れ、棋士になる夢を諦めた主人公が、ふとしたことで出会うAI将棋のプログラミングに新たな夢を見出し、かつてのライバルとの再戦を果たすというあらすじだ。主人公の英一役を吉沢亮が演じる。

「それは、どん底から目覚めた僕が見つけた、最高の悦び」というコピーが添えられたポスタービジュアルには、大学のAI研究会で将棋ソフトの開発に勤しむ英一の姿が映し出されている。

コメントを寄せた著名人は、伊藤かりん、犬童一心、歌広場淳(ゴールデンボンバー)、小杉康夫、実家が全焼したサノ、志茂田景樹、保木邦仁、松本博文、茂木健一郎、森直人、山下敦弘、山本さほ。

伊藤かりんのコメント

私はアイドル時代何を頑張ったらいいのか道に迷っていた時「将棋」に出会い、私のアイドル人生は充実したものになりました。
この映画では暗闇に迷い込んだとしても、一筋の光を信じて頑張ることの大切さが改めて学べました。

犬童一心のコメント

行ったことのないステージに立ちたくて、全てをそれにつぎ込んでいく。
そのことの価値を分かち合える人がいることの幸福。
男と男が見つめ合うだけでグッとくるシーンが溢れている。
しかもそれが吉沢亮だからずるい。ずるいけど、とっても嬉しいです。

歌広場淳(ゴールデンボンバー)のコメント

何をやっても鈍臭い僕は「勝ち負けのない世界」に行きたいとよく考えていました。ただ、勝ち負けのない世界に行くためには勝ち続けなくちゃいけないことが辛かった。でも、こんな方法があったんですね。AWAKEと出会えて良かった。

小杉康夫のコメント

プライドをへし折られ、絶望の淵に立たされた男たちを見てきた私は、彼らから勇気をもらった。
そして、この映画の主人公は、彼らと同じように、私に勇気をくれた。

実家が全焼したサノのコメント

目が覚めたら吉沢亮さんになっていますように、と願ったことがあります。だけど映画を見て、強い誰かになるのではなく、自分の強さを見つけることが大切だと学びました。でも、吉沢亮さんにはなりたいです。

志茂田景樹のコメント

人間の血汐が勝つか。
AIの冷徹が勝つか。
だが、これは前哨戦に過ぎない。AIが我々の全てを超えたとき、何が起きるのか。それを問われているのだ。

保木邦仁のコメント

理系人間の挫折と成功を描く本作。ラストシーンは万感胸に迫るような展開。まさか、将棋人工知能がここまで魅せるなんて!
情報技術をもう少し身近に感じてもらいたい。本作は様々な人々に覚醒を促す。

松本博文のコメント

棋士とコンピュータが真剣勝負を演じた時代、私たち将棋愛好者がリアルタイムで目の当たりにした「AWAKEの悲劇」。その歴史的背景をふまえながら熱い人間ドラマが描かれた傑作です。

茂木健一郎のコメント

将棋と人工知能のどちらの「オタク心」も満足させる、絶妙な脚本にうなった。徹底的にリサーチして見応えのある映画に結実させた山田篤宏監督の深い芸術愛にリスペクト。脳が目覚める傑作です。

森直人のコメント

この物語の核にあるのは「肯定性」だ。
ふたりの天才。宿命のライバル。勝ち負けの向こう側。
幾度も語られてきた神話的な青春譚の盤上で、定跡にとらわれない新しい手を指そうとしている。

山下敦弘のコメント

良い脚本に良い演出、良い撮影に良い役者。
『AWAKE』を観ていて面白い映画を作るには、ただただ真摯に丁寧に作っていけばいいんだ、という当たり前のことに気付かされました。
ほとんど会話を交わさない二人の男の物語で、こんなにもドラマチックな映画になるなんて…。
目が覚めました!明日から頑張ります。

山本さほのコメント

夢を叶えた一人の後ろに、夢に破れたたくさんの人がいる。
心の中にある何かを奮い立たせる映画でした。
夢に破れ、負け癖がついてしまっていた十代の頃の私に、この映画をみせてあげたい。

『AWAKE』ポスタービジュアル ©2019『AWAKE』フィルムパートナーズ
『AWAKE』ポスタービジュアル ©2019『AWAKE』フィルムパートナーズ
画像を拡大する(1枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

岩井勇気(ハライチ)『ひねくれとか言われても俺はただ自分が進みたい道を選んでるだけ』

ドリームマッチでの『醤油の魔人 塩の魔人』、ラジオで突如披露した推しキャラケロッピをテーマにしたEDM調楽曲『ダメダメケロッピ』など、音楽的な才能に注目が集まる岩井勇気。今回はミツカン「こなべっち」とタッグを組み、自らがマイクを取ってラップに挑戦。しかもこの動画、岩井がこれまでラジオや書籍の中で言及してきた、珪藻土のバスマットや、海苔、メゾネットタイプの部屋、クラウス・ノミなどのネタが詰まっていて、まさか岩井さんの自宅なのでは……? と隅々まで見てしまう。つぎはぜひ、自作のトラックとリリックによる曲が披露されることを待っています。(川浦)

  1. 映画『82年生まれ、キム・ジヨン』が突きつける、社会に深く根づく性差別 1

    映画『82年生まれ、キム・ジヨン』が突きつける、社会に深く根づく性差別

  2. 横浜流星が「つらいかぜ」を打ち砕く プレコールの新CM「闘い続ける」篇 2

    横浜流星が「つらいかぜ」を打ち砕く プレコールの新CM「闘い続ける」篇

  3. ジョン・レノンが時代に残す闘いの爪痕、ヨーコがもたらしたもの 3

    ジョン・レノンが時代に残す闘いの爪痕、ヨーコがもたらしたもの

  4. 木村拓哉を操上和美が撮影『SWITCH』原宿特集に小泉今日子、池田エライザら 4

    木村拓哉を操上和美が撮影『SWITCH』原宿特集に小泉今日子、池田エライザら

  5. King Gnu井口理が獣医師役 野村不動産「プラウド」ブランドムービーが公開 5

    King Gnu井口理が獣医師役 野村不動産「プラウド」ブランドムービーが公開

  6. 高橋一生主演×荒木飛呂彦原作ドラマ『岸辺露伴は動かない』12月NHKで放送 6

    高橋一生主演×荒木飛呂彦原作ドラマ『岸辺露伴は動かない』12月NHKで放送

  7. カルティエの新作キャンペーンに常田大希、池田エライザ、野田洋次郎ら起用 7

    カルティエの新作キャンペーンに常田大希、池田エライザ、野田洋次郎ら起用

  8. 大滝詠一『A LONG VACATION』40周年記念盤が全音楽記録媒体でリリース 8

    大滝詠一『A LONG VACATION』40周年記念盤が全音楽記録媒体でリリース

  9. YOASOBIがGoogle PixelのCMソングを担当 新曲“アンコール”を起用 9

    YOASOBIがGoogle PixelのCMソングを担当 新曲“アンコール”を起用

  10. スピッツ、全着席のコンサートを11月に東京ガーデンシアターで開催 10

    スピッツ、全着席のコンサートを11月に東京ガーデンシアターで開催