ニュース

駒井蓮がメイド服でジャンプ 横浜聡子監督『いとみち』ティザービジュアル

『いとみち』ティザービジュアル ©2021『いとみち』製作委員会
『いとみち』ティザービジュアル ©2021『いとみち』製作委員会

映画『いとみち』のティザービジュアルと追加キャストが発表された。

映画『陽だまりの彼女』の原作者である越谷オサムの小説『いとみち』を映画化する同作の主人公は、三味線を弾くときに指にできる「糸道」に名前の由来を持つ青森・弘前の高校生の相馬いと。青森の津軽地方を舞台に、強い津軽弁訛りと人見知りのせいで、本当の自分は誰にも見せられず、友人もいないいとが津軽メイド珈琲店でアルバイトをはじめたことをきっかけに成長していく姿を描く。津軽三味線が特技のいと役に駒井蓮、いとの父・耕一役に豊川悦司がキャスティング。監督は青森出身の横浜聡子が務める。2021年に公開予定。

「三味線弾ぐべ!」というコピーが添えられたティザービジュアルには、メイド服を着たいとが津軽三味線を抱えてジャンプする姿や、青森の岩木山などが写し出されている。

新たに出演が発表されたのは宇野祥平と西川洋子。宇野祥平は津軽メイド珈琲店の常連客 青木役、高橋竹山の最初の弟子である西川洋子はいとの祖母ハツヱ役を演じる。

クラウドファンディングプラットフォーム「HANASAKA!」では、『いとみち』の制作支援プロジェクトを10月23日まで実施中。 アークエンタテインメントの公式YouTubeチャンネルでは、毎週土曜日18:00に駒井蓮による撮影日記を配信している。

同作の撮影は9月16日に開始し、弘前市や板柳町を中心に五能線、弘前れんが倉庫美術館、浅虫海岸などを巡っている。12月の完成を目指しており、一般公開に先駆けて青森で先行上映予定。

宇野祥平のコメント

すごく真っ直ぐな素晴らしい脚本でした。普遍的な物語だからこそ、これだけの個性が出るのだと思いました。横浜聡子監督の現場に参加するといつも映画を超えて自分自身のことを考えさせられます。
駒井蓮さんとは(『セーラー服と機関銃-卒業-』以来)5年ぶりに再会しました。全然変わっていなくて嬉しく思いました。そのままで、素の芯がある人だから、いとちゃんがピタリとハマるのだなと思いました。素敵でした。
青森、津軽には久し振りに来ました。変わったところもありますが、変わらず広い空、美しい夕陽、岩木山。この風景の中にある物語は幸運だと思いました。

西川洋子のコメント

横浜監督とは津軽弁でお話ししていて、安心感がありました。はじめから(映画出演を)やろうというんでねぐって、やってみてもいいかな、からスタートしました。撮影中、監督はいつも津軽弁で話してくれて、思いやりのある人。娘と同じくらいの年だし、優しいし、守ってもらえると思いました。
駒井蓮さんに最初に会った時、津軽弁でしゃべっていて、今は東京と聞いて驚きました。髪型や服装が、昔の雰囲気で、珍しいと思いました。東京にいるひとなのに、なんかすごくめごかった。三味線は苦労するなと思い、ちょっとかわいそうに思いましたが、けっこういじっこくて、なかなかやるなと思いました。

駒井蓮のコメント

こんなに素敵なメイド服を纏えるなんて!初めて見た時、とても嬉しかったです。様々な部分に可愛らしさが詰まっていて、青森の空気感が1着で表現されているのにも驚きました。私のお気に入りは、背中と両袖のとげとげです。衣装を着る度に、そのとげとげを整えて、出勤の気合入れをしています。
岩木山は小さい頃からずっと見ているのに、毎日姿を変えて、楽しませてくれたり、その時々の気持ちに気づかせてくれたりする、特別な山です。独特のシルエットが「青森にいるんだ」と強く思わせてくれて、遠くで生きていてもずっと見守ってくれるんだろうなと思います。
撮影で改めて地元の言葉(津軽弁)と向き合ってみたら、独特の間合があり、こんなに難しい方言なのか!と気づきました。津軽弁はどんな人でも、引き寄せて、お互いを近づける、そんな言葉だと思います。
「ども~」「んだのが~」という、語尾の伸び具合が優しくてとても好きです。「いとみち」を機に、その温もりを沢山の方に知って頂けたら嬉しいです。
宇野祥平さんとも5年ぶりに映画でご一緒させて頂けてとても嬉しいです。初めて共演させて頂いた時、宇野さんの温かい雰囲気や人柄が強く印象に残っていたのですが、今回もその温かさに包まれました。また、もともと青森の方だと思ってしまう程、津軽弁がナチュラルで驚きました!宇野さんの佇まいと青森の空気感が、優しく、融け合っていたのだと思います。
(祖母ハツヱ役の)西川さんは、朗らかで優しい方ですが、三味線を奏でる時は本当に格好良くて、良いおばあちゃんであり、憧れる師匠だと思っています。お芝居の時、その両方の姿が西川さんの背中に感じられて、胸がじわーっと熱くなりました。

宇野祥平
宇野祥平
西川洋子 ©東奥日報社
西川洋子 ©東奥日報社
画像を拡大する(3枚)

記事の感想をお聞かせください

知らなかったテーマ、ゲストに対して、新たな発見や感動を得ることはできましたか?

得られなかった 得られた

回答を選択してください

ご協力ありがとうございました。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

あらかじめ決められた恋人たちへ“日々feat.アフロ”

何かを我慢することに慣れすぎて忘れてしまいそうになっている「感情」を、たった10分でこじ開けてしまう魔法のようなミュージックビデオ。現在地を確かめながらも、徐々に感情を回転させていくアフロの言葉とあら恋の音。人を傷つけるのではなく、慈しみ輝かせるためのエモーションが天井知らずの勢いで駆け上がっていった先に待ち構えている景色が、普段とは違ったものに見える。これが芸術の力だと言わんばかりに、潔く堂々と振り切っていて気持ちがいい。柴田剛監督のもと、タイコウクニヨシの写真と佐伯龍蔵の映像にも注目。(柏井)

  1. THE SPELLBOUNDがライブで示した、2人の新しいロックバンド像 1

    THE SPELLBOUNDがライブで示した、2人の新しいロックバンド像

  2. 中村佳穂が語る『竜とそばかすの姫』 シェアされ伝播する歌の姿 2

    中村佳穂が語る『竜とそばかすの姫』 シェアされ伝播する歌の姿

  3. 『プロミシング・ヤング・ウーマン』が映し出す、「女性の現実」 3

    『プロミシング・ヤング・ウーマン』が映し出す、「女性の現実」

  4. ジム・ジャームッシュ特集が延長上映 『パターソン』マーヴィンTシャツも 4

    ジム・ジャームッシュ特集が延長上映 『パターソン』マーヴィンTシャツも

  5. A_oから青い心を持つ全ての人へ 自由に、自分の力で生きること 5

    A_oから青い心を持つ全ての人へ 自由に、自分の力で生きること

  6. 地下から漏れ出すアカデミックかつ凶暴な音 SMTKが4人全員で語る 6

    地下から漏れ出すアカデミックかつ凶暴な音 SMTKが4人全員で語る

  7. 林遣都×小松菜奈『恋する寄生虫』に井浦新、石橋凌が出演 特報2種到着 7

    林遣都×小松菜奈『恋する寄生虫』に井浦新、石橋凌が出演 特報2種到着

  8. 『暗やみの色』で谷川俊太郎、レイ・ハラカミらは何を見せたのか 8

    『暗やみの色』で谷川俊太郎、レイ・ハラカミらは何を見せたのか

  9. ギャスパー・ノエ×モニカ・ベルッチ『アレックス STRAIGHT CUT』10月公開 9

    ギャスパー・ノエ×モニカ・ベルッチ『アレックス STRAIGHT CUT』10月公開

  10. 『ジョーカー』はなぜ無視できない作品なのか?賛否の議論を考察 10

    『ジョーカー』はなぜ無視できない作品なのか?賛否の議論を考察