Aphex Twinの別名義Polygon Window『Surfing On Sine Waves』完全版で再発

Polygon Windowのニューアルバム『Surfing On Sine Waves[完全版]』が12月4日にリリースされる。

同作はWarp Recordsに所属するAphex Twinことリチャード・D・ジェームスが、1993年にPolygon Window名義で発表したアルバム『Surfing On Sine Waves』の完全版。『Surfing On Sine Waves』はリチャード・D・ジェームスが初めてWarp Recordsからリリースした作品となる。

収録曲は、シングルカットされた“Quoth”や“Quino – Phec”、リチャード本人の監修のもとシングル『Quoth』からアルバムに未収録だった“Bike Pump Meets Bucket”“Iketa”と“Quoth(Wooden Thump Mix)”、2001年にホワイトレーベル盤でリリースされ当時未発表だった“Portreath Harbour”“Redruth Schoo”など日本盤特典のボーナストラックを含む全14曲。The Designers Republicが手掛けた『Surfing On Sine Waves』のアートワークが紙ジャケット仕様でCDリリースされるのは今回が初となる。日本盤特典として解説書が封入。

リリースを記念してWarp Recordsがキャンペーンを実施。対象商品3枚以上購入して応募するとオリジナル卓上カレンダーが贈呈される。対象商品などの詳細はBEATINKおよびWarp Recordsのホームページで確認しよう。

リリース情報

Polygon Window
『Surfing On Sine Waves[完全版]』日本盤(CD)

2020年12月4日(金)発売 価格:2,200円(税抜) BRC-645
1. Polygon Window 2. Audax Powder 3. Quoth 4. If It Really Is Me 5. Supremacy II 6. UT1-dot 7. Untitled 8. Quixote 9. Portreath Harbour 10. Redruth School 11. Quino-Phec 12. Bike Pump Meets Bucket 13. Iketa 14. Quoth(Wooden Thump Mix)
  • HOME
  • Music
  • Aphex Twinの別名義Polygon Window『Surfing On Sine Waves』完全版で再発

Special Feature

coe──未来世代のちいさな声から兆しをつくる

ダイバーシティーやインクルージョンという言葉が浸透し、SDGsなど社会課題の解決を目指す取り組みが進む。しかし、個人のちいさな声はどうしても取りこぼされてしまいがちだ。いまこの瞬間も、たくさんの子どもや若者たちが真剣な悩みやコンプレックス、生きづらさを抱えながら、毎日を生きている。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて