SPBS THE SCHOOL×She isのWS『コミュニティメディアのはじめ方』開講

オンライン講座『【SPBS THE SCHOOL】ライフ&カルチャーコミュニティ「She is」から学ぼう!「コミュニティメディアのはじめ方」ワークショップ』が10月23日に開講する。

『SPBS THE SCHOOL』は、SHIBUYA PUBLISHING & BOOKSELLERSによる講座シリーズ。

She isの竹中万季と野村由芽が講師を務める今回のワークショップでは、「あたらしいコミュニティメディアを立ち上げたい方」を募集。講師や参加者とのブレストや意見交換、フィードバックなどを通じて、実際に自分が生み出したいコミュニティーメディアの構想をつくりあげ、She is内に掲載する。同ワークショップでの「メディア」は狭義の「媒体」に留まらず、情報発信のプラットフォームや店、場所、本、アートなど、人と繋がるあらゆるものを含む。

ワークショップは全7回。#1から#5はゲストを招いたオープントークと、She isが講師を務めるワークショップの2本立となる。ゲストは、haru.(『HIGH(er)magazine』)、NO YOUTH NO JAPAN、平山潤(『NEUT Magazine』)、ハヤカワ五味(KOHKOH)、龍崎翔子(L&G GLOBAL BUSINESS Inc.)。定員は先着30人。受付締切は10月19日18:00。

10月5日には無料オープンガイダンスを実施。野村由芽、竹中万季、ゲストのharu.、平山潤と共に「コミュニティメディア」について深掘りしていく。

野村由芽、竹中万季のコメント

She isは同じ会社の同僚である二人の日常会話から生まれた場所です。日々の生活のなかで生まれた違和感など「もっと話せたらいいな」と思っていることを話せる場所がなかったので、なければつくろう、もしかしたらどこかにそうした場所を求めている人がいるかも、という気持ちで立ち上げました。この講座を通じて、思いのこもった場所がたくさん生まれることを祈っています。

イベント情報

『【SPBS THE SCHOOL】ライフ&カルチャーコミュニティ「She is」から学ぼう!「コミュニティメディアのはじめ方」ワークショップ』

2020年10月23日(金)から全7回 料金:ワークショップ60,000円(税抜) 課題図書付きワークショップ69,000円(税抜) 各回オープントーク視聴1,000円(税抜) ※ワークショップ参加者は各回オープントークに無料参加可、アーカイブ視聴可 ※ワークショップのみの単日参加は不可
  • HOME
  • Music
  • SPBS THE SCHOOL×She isのWS『コミュニティメディアのはじめ方』開講

Special Feature

Habitable World──これからの「文化的な生活」

気候変動や環境破壊の進行によって、人間の暮らしや生態系が脅威に晒されているなか、これからの「文化的な生活」のあり方とはどういうものなのだろうか?
すでに行動している人々に学びながら、これからの暮らしを考える。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて