チョン・ユミの豹変にコン・ユが愕然『82年生まれ、キム・ジヨン』本編映像

映画『82年生まれ、キム・ジヨン』の本編映像が公開された。

10月9日から公開される同作は、斎藤真理子による日本語訳本が累計発行部数16万部を記録したチョ・ナムジュの小説『82年生まれ、キム・ジヨン』を実写映画化するもの。韓国のジェンダー意識に関わる現代史や社会問題を織り交ぜながら、「韓国の82年生まれの女性で最も多い名前」である「ジヨン」という名を持つ平凡な女性の少女時代から、結婚、出産に至るまでの人生を通して女性が負う重圧と生き辛さを描く。育児と家事に追われ、ある日から他人が乗り移ったような言動をするようになるジヨン役にチョン・ユミ、その夫デヒョン役にコン・ユがキャスティング。キム・ドヨンがメガホンを取った。

本編映像には、ソファーで居眠りしていたデヒョンがジヨンが開ける缶ビールの音で目覚める姿をはじめ、暗い部屋の中で晩酌するジヨンに「怒ったか? 飲めないくせに」と話しかける様子、ジヨンが豹変して「別人」であるジヨンの先輩スンヨンとして言葉を発するシーン、ジヨンの姿に衝撃を受けたデヒョンが精神科医のもとを訪ねる場面などが映し出されている。

キム・ドヨン監督はチョン・ユミとコン・ユについて「2人は相性が良く、とても良い化学反応が起こり、それが遺憾なく発揮されたと思います」とコメント。ジヨンを愛しながらも彼女の苦悩を理解できず、無意識に追い詰めてしまうデヒョン役を演じたコン・ユの役作りについて「妻のことを愛してはいるのだけれども発病する前は特に問題意識を持っていない普通の夫だったのではないか、という話をしました。愛しているけれども大切な人の状態に気付けていない。そういうリアルな演技が必要なのではないか、そのニュアンスというのを映画の中で表現できれば、と話しました」と明かしている。

作品情報

『82年生まれ、キム・ジヨン』

2020年10月9日(金)から新宿ピカデリーほか全国で公開
監督:キム・ドヨン 原作:チョ・ナムジュ『82年生まれ、キム・ジヨン』(筑摩書房) 出演: チョン・ユミ コン・ユ キム・ミギョン 上映時間:118分 配給:クロックワークス
  • HOME
  • Movie,Drama
  • チョン・ユミの豹変にコン・ユが愕然『82年生まれ、キム・ジヨン』本編映像

Special Feature

coe──未来世代のちいさな声から兆しをつくる

ダイバーシティーやインクルージョンという言葉が浸透し、SDGsなど社会課題の解決を目指す取り組みが進む。しかし、個人のちいさな声はどうしても取りこぼされてしまいがちだ。いまこの瞬間も、たくさんの子どもや若者たちが真剣な悩みやコンプレックス、生きづらさを抱えながら、毎日を生きている。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて