仲野太賀、吉岡里帆『泣く子はいねぇが』折坂悠太が歌う主題歌入り予告編

映画『泣く子はいねぇが』の本予告編が公開された。

是枝裕和率いる映像制作者集団「分福」の佐藤快磨監督の劇場デビュー作となる同作は、「父親としての責任」を与え、「悪いことをせずに正しく生きる」という人としての道徳を教えてくれると秋田・男鹿半島で伝承される「ナマハゲ」を通して、大人になりきれず、社会にも馴染めない主人公たすくの成長を描いた作品。「父親」の自覚を持てないたすく役を仲野太賀、たすくに愛想をつかす妻・ことね役を吉岡里帆が演じた。11月20日公開。

本予告編には、折坂悠太が同作のために書き下ろした“春”を使用。たすくがことねから「なーんにも考えてないでしょ」と突き放されるシーンや、2年ぶりに再会したことねに「じゃあ払える?養育費とか、慰謝料とか」と言われる場面、たすくの「俺が父親だよ」という言葉、「泣く子はいねぇが!」という叫びなどが確認できる。折坂悠太は劇伴も担当。

折坂悠太のコメント

どうだろう。男鹿の土の中で眠る種や幼虫は、芽吹き、這い出す自らの行く末を考えるか。
ただ今を、今だと思い、うごめき、もだえているのではないだろうか。
この映画は土の中を映す。芽吹く希望を今は知らない、あいつと私。それを映す。
エンドロールの先に来る季節を想いながら、音を添えさせてもらいました。是非ご覧ください。

作品情報

『泣く子はいねぇが』

2020年11月20日(金)から新宿ピカデリーほか全国で公開
監督・脚本・編集:佐藤快磨 主題歌:折坂悠太“春” 出演: 仲野太賀 吉岡里帆 寛 一 郎 山中崇 余貴美子 柳葉敏郎 配給:バンダイナムコアーツ/スターサンズ
  • HOME
  • Movie/Drama
  • 仲野太賀、吉岡里帆『泣く子はいねぇが』折坂悠太が歌う主題歌入り予告編

Special Feature

Habitable World──これからの「文化的な生活」

気候変動や環境破壊の進行によって、人間の暮らしや生態系が脅威に晒されているなか、これからの「文化的な生活」のあり方とはどういうものなのだろうか?
すでに行動している人々に学びながら、これからの暮らしを考える。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて