『Perfume COSTUME BOOK 2005-2020』発売前重版が決定 吉田ユニがコメント

『装苑』編集部による『Perfume COSTUME BOOK 2005-2020』の発売前重版が決定した。

10月23日に刊行される同書は、Perfumeの表現の1つである「衣装」にフォーカスしたもの。保管されている15年分の衣装を「すべて」年代順に収録する。250を超える衣装は3人分で761着になるという。衣装の正面、横、後ろを撮影した写真や、ディテールの写真を掲載し、全ての衣装に『装苑』が関係者に取材した解説文、またメンバー3人への衣装についてのインタビューや、制作者らへのインタビュー、チームPerfumeが選ぶ「忘れられない一着」を収録。カバーと巻頭ビジュアルは、アルバム『COSMIC EXPLORER』のデザインを手掛けた吉田ユニが担当する。

重版を記念して、吉田ユニによるカバーデザインの裏表紙が公開。裏表紙で掲載されている衣装は、1枚の紙をカットして折りたたむペーパークラフトの手法で制作された。

吉田ユニのコメント

『Perfume COSTUME BOOK 2005-2020』のカバーデザインについて
本に掲載される15年間の衣装の数々が主役に見えるようにしたかったので、表紙のために新たに生地を使って衣装を作るのではなく、別の形で見せたいという思いから始まりました。何もないところから「組み立てて作る」という意味や、今までの衣装の数多くが手作りであること、15年の歴史を、一枚の紙を切って折りたたむペーパークラフトのように表現しています。そのため、紙を切り取った部分もあえてデザインに生かしています。Perfumeの衣装はクリエイティブかつ緻密に作られているもの。ただ可愛い衣装なわけではなく、3人の特徴を活かしたデザインや踊ったときの動きまで細かく考え作られていること、そして何年もそれを新しく更新し続けているのはすごいことだと思います

書籍情報

『Perfume COSTUME BOOK 2005-2020』

2020年10月23日(金)発売 価格:3,600円(税抜) 発行:文化出版局
  • HOME
  • Book
  • 『Perfume COSTUME BOOK 2005-2020』発売前重版が決定 吉田ユニがコメント

Special Feature

メタ・サピエンス──デジタルとリアルが溶け合う世界を探究する

デジタルとリアルが融合する世界。世界はどう変化し、人々はどう進化するのだろうか?私たちはその進化した存在を「メタ・サピエンス」と名づけ、「Humanity - 人類の進化」「Life - 生活・文化の進化」「Society - 社会基盤の進化」の3つの視点からメタ・サピエンスの行動原理を探究していく。

詳しくみる

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて