アン・ハサウェイ主演×ロバート・ゼメキス監督『魔女がいっぱい』12月公開

ロバート・ゼメキスの新作映画『魔女がいっぱい』が12月4日から公開される。

『チャーリーとチョコレート工場』で知られるロアルド・ダールの小説『魔女がいっぱい』をもとにした同作は、世界中に潜んで人間に邪悪な魔法をかける魔女たちの秘密の企みを知ってしまった少年の運命を描く作品。「世界一恐ろしい大魔女」グランド・ウィッチ役をアン・ハサウェイが演じるほか、共演者にオクタビア・スペンサー、スタンリー・トゥッチが名を連ねる。製作をギレルモ・デル・トロとアルフォンソ・キュアロンが務めた。

今回の発表とあわせて、グランド・ウィッチが魔女たちを率いる姿を切り取った場面写真が公開。

作品情報

『魔女がいっぱい』

2020年12月4日(金)全国公開
監督:ロバート・ゼメキス 原作:ロアルド・ダール『魔女がいっぱい』(評論社) 出演: アン・ハサウェイ オクタビア・スペンサー スタンリー・トゥッチ 配給:ワーナー・ブラザース映画
  • HOME
  • Movie,Drama
  • アン・ハサウェイ主演×ロバート・ゼメキス監督『魔女がいっぱい』12月公開

Special Feature

coe──未来世代のちいさな声から兆しをつくる

ダイバーシティーやインクルージョンという言葉が浸透し、SDGsなど社会課題の解決を目指す取り組みが進む。しかし、個人のちいさな声はどうしても取りこぼされてしまいがちだ。いまこの瞬間も、たくさんの子どもや若者たちが真剣な悩みやコンプレックス、生きづらさを抱えながら、毎日を生きている。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて