綾野剛と北川景子がアパートに突入 『ドクター・デスの遺産』本編映像

深川栄洋監督の映画『ドクター・デスの遺産―BLACK FILE―』の本編映像が到着した。

11月13日から公開される同作は、中山七里の小説『ドクター・デスの遺産』もとにしたクライムサスペンス。終末期の患者を襲う連続不審死事件の捜査に乗り出す刑事・犬養隼人と高千穂明日香は、やがて依頼を受けて患者を安楽死させる「ドクター・デス」と呼ばれる医者の存在に辿り着くが、重度の腎臓病に苦しむ犬養の娘・沙耶香が「ドクター・デス」に安楽死の依頼をしてしまうというあらすじだ。警視庁捜査一課の敏腕刑事・犬養隼人役に綾野剛、犬養のバディで、冷静沈着な刑事・高千穂明日香役に北川景子、新米刑事役に岡田健史がキャスティング。

公開された映像は、犬養と高千穂が「ドクター・デス」の手掛かりを見つけるため、あるアパートに訪れた場面を切り取ったもの。違和感に気付いた犬養がドアを蹴破って突入する姿や、被害者の顔写真が吊るされた部屋、高千穂が恐怖感を表情に滲ませるシーン、破り捨てられた犬養の名刺を見つけて「ドクター・デス」に会ったことがあるという真実を知る様などが映し出されている。

作品情報

『ドクター・デスの遺産―BLACK FILE―』

2020年11月13日(金)から全国公開
監督:深川栄洋 原作:中山七里『ドクター・デスの遺産』(KADOKAWA/角川文庫) 主題歌:[Alexandros]“Beast” 出演: 綾野剛 北川景子 岡田健史 前野朋哉 青山美郷 石黒賢 配給:ワーナー・ブラザース映画
  • HOME
  • Movie,Drama
  • 綾野剛と北川景子がアパートに突入 『ドクター・デスの遺産』本編映像

Special Feature

Habitable World──これからの「文化的な生活」

気候変動や環境破壊の進行によって、人間の暮らしや生態系が脅威に晒されているなか、これからの「文化的な生活」のあり方とはどういうものなのだろうか?
すでに行動している人々に学びながら、これからの暮らしを考える。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて