『35歳の少女』サイドストーリー描く『25年前のあなたへ』Huluで配信

ドラマ『Huluオリジナルストーリー「25年前のあなたへ」』が、本日11月21日からHuluで配信される。

現在日本テレビ系で放送されている『35歳の少女』のサイドストーリーとなる同作では、柴咲コウが演じる望美ら主要キャラクターが25年前の自分と対面。全4話で構成され、『35歳の少女』の地上波放送終了後に配信される。脚本は『35歳の少女』と同じく遊川和彦が担当。

第1話では、坂口健太郎演じる望美の初恋の相手・広瀬結人によるストーリーを展開。坂口健太郎は「子どもの結人と⼀緒に芝居をすることは絶対にないので、夢のようなエピソードだけれど、がっつりお芝居できてよかった」と述べている。第2話では、田中哲司が1人2役を務め、人はいいけど何だか頼りない望美の父・今村進次のストーリーを展開。

第3話では、橋本愛と阿部久令亜が演じる望美の妹で、愛に飢え、夢を模索しながら⾃分の存在意義を見つけられない時岡愛美の姿を描き、第4話では、鈴木保奈美演じる笑顔を失ってしまった母・時岡多恵と望美の姿を描く。

番組情報

『Huluオリジナルストーリー「25年前のあなたへ」』

2020年11月21日(土)から毎週土曜にHuluで配信
脚本:遊川和彦 主題歌:King Gnu“三文小説” 音楽:平井真美子
  • HOME
  • Movie,Drama
  • 『35歳の少女』サイドストーリー描く『25年前のあなたへ』Huluで配信

Special Feature

coe──未来世代のちいさな声から兆しをつくる

ダイバーシティーやインクルージョンという言葉が浸透し、SDGsなど社会課題の解決を目指す取り組みが進む。しかし、個人のちいさな声はどうしても取りこぼされてしまいがちだ。いまこの瞬間も、たくさんの子どもや若者たちが真剣な悩みやコンプレックス、生きづらさを抱えながら、毎日を生きている。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて